bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple Watchの画面が割れた時の修理費用をチェック

Apple Watch

Apple Watchの画面が割れた時の修理費用をチェック

Apple Watchの画面(ディスプレイ)はモデルごとに素材が違っていて、Apple Watch Sportには「Ion-Xガラス」、Apple WatchとApple Watch Editionには「サファイアガラス」が採用されていて、割れやすさも異なる様子。

特にApple Watch Sportの画面は割れやすいようです。

と、なってくると気になるのは画面が割れた時の修理費用です。アップルのサポートページを見てもApple Watchにおける画面割れの修理費用については書かれていなかったのでサポートに電話で問い合わせてみました。

Apple Watchの画面が割れた時の修理方法

Apple Watchの画面が割れた時、というより故障した時は郵送で発送するか、修理店に持ち込む方法があります。最上位モデルのApple Watch Editionは持ち込みのみです。

郵送の場合は、Appleで1週間ほど預かることになるとのことだったので、修理店に落ち込む方が良いでしょう。以下のページにアクセスして「サービス」を選択することで、修理を取り扱ってくれる近くの店舗を検索することができます。


Apple Watchの画面が割れた時の修理費用

Apple Watchの画面が割れた場合の修理費用はモデルごとに異なっていて、Apple Care+の加入状況によっても異なるようです。

まず、Apple Care+に加入していない場合の画面割れの修理費用は、Apple Watch Sportが2万7800円、Apple Watchが4万400円、Apple Watch Editionが34万2400円。

Apple Care+に加入している場合の修理費用は、Apple Watch Sportが8400円、Apple Watchが9800円、Apple Watch Editionが12万4000円になるとのことでした。

▼わかりやすく表にまとめるとこんな感じになります。全て税別です。

Apple Watch SportApple WatchApple Watch Edition
Apple Care+ 非加入時27,800円40,400円342,400円
Apple Care+ 加入時
(Apple Care+ 加入金)
8,400円
(5,800円)
9,800円
(8,200円)
124,000円
(184,000円)
サポートが切れた場合27,800円40,400円342,400円

※Apple Care+の保証期間は最大2年間で最大2回まで上記の価格で修理が可能です。

Apple Watchの画面割れは、保証対象外の修理費用に該当するようです。そのため、Apple Watchが水濡れによって故障した場合の修理費用も上記の価格になるとのことでした。

Apple WatchはApple Care+に加入すべきか?」というエントリーを書きましたが、非加入時やサポートが切れた場合の修理費用を考えると入っておくのが吉のようです。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2019/08/23
NHK、民法ポータル「TVer」で見逃し配信開始。26日から

HomePod

2019/08/23
ついに「HomePod」が日本で販売開始。価格は32,800円

Android

2019/08/22
速報:Android、スイーツのコードネーム廃止。次期バージョンは「Android 10」に

AirPods

2019/08/22
iPhone 11、新型iPad、AirPods 3など年内登場するAppleの新製品が明らかに
Recommendこんな記事も読まれています