bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple Watchのディスプレイを速攻でオフる方法

Apple Watchの使い方

Apple Watchのディスプレイを速攻でオフる方法

Apple Watchで通知を確認したり操作を終えると、しばらくの時間はディスプレイがオンのままになっています。

Apple Watchのバッテリーは、1日しか持たないと言われているぐらいですがから、無駄なバッテリーの消費は困りますし、映画館などApple Watchが点灯したままだと困るという場面もあるでしょう。

そんな時にApple Watchのディスプレイを速攻でオフにする、スリープ状態にする裏ワザがあるので紹介します。

Apple Watchのディスプレイを速攻でオフる、スリープ状態にする方法

やり方はとてもカンタン。Apple Watchの操作が終わったら、優しく手のひらを画面にかぶせてやるだけです。

Apple Watchのディスプレイを速攻でオフる方法

▼わかりやすい動画はこちら


ちなみに、このディスプレイをオフにする方法はグーグルのAndroid Wearでも同じように使うことができますよ。Android Wearの方はグーグルがテクニックとして正式に提供されている機能になっていますね。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Android

2020/07/09
Android 11、画面録画でデバイスの音声も収録可能に

Android

2020/07/09
Android 11 ベータ2が配信開始。SDK/APIが最終版に

Android

2020/07/08
Android 11、正式配信日は9月8日か。Googleが明らかに

LINEの使い方

2020/07/08
「Keepメモ」の使い方。LINEのトークがメモ帳に
Recommendこんな記事も読まれています