bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple Watchのディスプレイを速攻でオフる方法

Apple Watchの使い方

Apple Watchのディスプレイを速攻でオフる方法

Apple Watchで通知を確認したり操作を終えると、しばらくの時間はディスプレイがオンのままになっています。

Apple Watchのバッテリーは、1日しか持たないと言われているぐらいですがから、無駄なバッテリーの消費は困りますし、映画館などApple Watchが点灯したままだと困るという場面もあるでしょう。

そんな時にApple Watchのディスプレイを速攻でオフにする、スリープ状態にする裏ワザがあるので紹介します。

Apple Watchのディスプレイを速攻でオフる、スリープ状態にする方法

やり方はとてもカンタン。Apple Watchの操作が終わったら、優しく手のひらを画面にかぶせてやるだけです。

Apple Watchのディスプレイを速攻でオフる方法

▼わかりやすい動画はこちら


ちなみに、このディスプレイをオフにする方法はグーグルのAndroid Wearでも同じように使うことができますよ。Android Wearの方はグーグルがテクニックとして正式に提供されている機能になっていますね。

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone SE

2018/07/19
LINEモバイル、「iPhone SE」の販売開始。価格は30,800円から

スマホアプリ

2018/07/19
最大1,000円オフ、ドラゴンクエストVII・VIIIの期間限定セールが開催中

インスタグラム

2018/07/18
インスタグラム、新しい2段階認証を近くリリース。SMS・電話番号不要に

iPhoneの噂・最新情報

2018/07/17
新型iPhone、3モデルの画面パーツ流出。すべて顔認証「Face ID」に
Recommendこんな記事も読まれています