ついに!Apple Watchの心電図アプリが日本登場。近日公開

bio
Yusuke Sakakura

ついに!Apple Watchの心電図アプリが日本登場。近日公開

多くのApple Watchユーザーが待ち望んでいたApple Watchの心電図アプリケーションがついに日本でも利用可能になる。

1月22日、Appleが心電図アプリケーションをiOS 14.4とwatchOS 7.3のリリースにより、Apple Watch Series 4/5/6で利用可能になると正式発表した。

Apple Watch心電図アプリは来週にも公開か

心電図アプリケーションは、Apple Watch Series 4以降のモデルで心電図を計測できる医療向けの機能。

Apple Watchに同機能が搭載されることで自宅や外出先でカンタンに心電図を計測できるようになる。海外ではApple Watchによって心房細動を検出何人ものApple Watchユーザーが命を救われている。

心房細動は治療を受けずに放置すると、世界で死亡原因2位の脳卒中/脳梗塞につながる恐れのある早期発見が重要な症状だ。

心電図を記録するにはApple Watch Series 4、5、6で心電図アプリケーションを開いてDigital Crownに指をあてるだけ。Apple Watchの裏蓋にあるクリスタルとDigital Crownに組み込まれている電極が心電図アプリケーションと連携して第Ⅰ誘導心電図に類似した心電図を記録し、わずか30秒で心房細動、洞調律、低心拍数、高心拍数、判定不能の5パターンで判定結果を確認できる。

すべての記録、記録の分類、注意が必要な症状はiPhoneのヘルスケアアプリケーションに保存され、スムーズな診察のために医師と共有することも可能だ。

なお、Apple Watch Series 3以降で利用可能な不規則な心拍の通知機能によって心房細動の兆候がある不規則な心拍リズムを特定した場合に通知する機能も備えている。

心電図アプリケーションが日本でも利用可能になることについて東京都医師会の尾﨑治夫会長は「ようやく日本でも心電図アプリケーションおよび不規則な心拍の通知機能が使えるようになることを大変嬉しく思っております。今後日本で、Apple Watchのこれらの機能が心房細動を早期に発見し、医師との対話、そして治療に結び付けられるような役割を果たしていくことを期待しています」と述べている。

なお、Appleは心電図アプリケーションを近日公開と案内しており、来週半ばにリリースされるものと思われる。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています