アップル、WatchOS 2のアップデート配信を延期――致命的な不具合が見つかる

Apple Watch

アップル、WatchOS 2のアップデートを延期――致命的な不具合が見つかる

アップルは、日本時間の9月17日に配信予定とアナウンスしていた「WatchOS 2」のアップデート配信を延期したようです。

アップル、WatchOS 2のアップデートを延期。不具合の修正後、近いうちにリリースへ

The Loopがアップルの広報に問い合わせたところ、WatchOS 2の開発中に不具合が発見され、想定よりも修正に時間がかかっていることから、配信日の延期を決めたことを明らかにしたようです。

“We have discovered a bug in development of watchOS 2 that is taking a bit longer to fix than we expected,” an Apple spokesperson told The Loop. “We will not release watchOS 2 today but will shortly.”

引用元:Apple will not release watchOS 2 today

また、本日中のリリースはなく、今後の具体的なリリース日も未定となっているものの、近いうちにリリースされるようです。

WatchOS 2では、Apple Watch上で動作する高機能なネイティブアプリやWi-Fiによるデータ通信機能、新しい壁紙など、多数の新機能が提供され、大幅なアップデートになる予定でしたが、配信までにはもう少し時間がかかるようです。

なお、このあと午前2時からの配信が予想される「iOS 9」への影響はないようです。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

au

2021/03/05
povoの対応機種は全189。iPhone 6sやSIMフリースマホなど追加発表

ソフトバンク

2021/03/04
LINEMO、1年限定割引でahamo対抗。音声定額を月500円割引

NTTドコモ

2021/03/04
ahamo、DAZN for docomoの割引継続。月額980円

NTTドコモ

2021/03/04
ドコモのギガライト使いすぎ防止。上限設定で最低料金にする方法
Recommendこんな記事も読まれています