充電できず。Apple Watch Series 7で不具合再発、watchOS 8.3が影響か

bio
Yusuke Sakakura

充電できず。Apple Watch Series 7で不具合再発、watchOS 8.3が影響か

Appleが今月14日に配信を開始したwatchOS 8.3にて、Apple Watchが正常に充電できなくなる問題が報告されていることがわかりました。

不具合のほとんどは初めて高速充電に対応したApple Watch Series 7の利用者から報告されているようです。

Apple Watchがまったく充電されない不具合

Appleの公式コミュニティRedditMacRumorsのフォーラムにて、watchOS 8.3にアップデートしたApple Watch Series 7の充電問題が報告されています。

「サードパーティ製の充電器を使用したところまったく充電されなかった」「1時間充電しても2%しか増えなかった」など不具合の内容は様々ですが、共通点はサードパーティの充電器を使用している人がほとんどということです。

Apple Watchに付属している純正のケーブルはひっくり返ったり使い勝手が良くありません。別売りのMagSafeデュアル充電パッドは2つのAppleデバイスの同時充電に対応し、持ち運びも便利な折りたたみ式ですが、16,280円と高額です。iPhoneやAirPodsとApple Watchを同時に充電できるスタンド式のサードパーティアクセサリを利用している人も多いため、今回の不具合に頭を悩ます人も多いはずです。

この件に関してAppleはコメントしていません。今のところはソフトウェアアップデートによる修正が実施されるまでApple純正の充電器を使うしかありません。

なお、高速充電に対応したApple Watch Series 7では、11月上旬にも充電問題が報告され、watchOS 8.1.1のアップデートで対処されましたが、watchOS 8.3で問題が再発・拡大したようです。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています