bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

「Apple Watch Series 5」が発売。ついに常時表示に対応したモデル

Apple Watch

「Apple Watch Series 5」が発売。ついに常時表示に対応したモデル

日本時間9月20日午前8時、Appleが「Apple Watch Series 5」を発売した。今年の最新モデルではついにディスプレイの常時表示に対応する。

常時表示が実現も電池持ちはそのまま

Apple Watchの常時表示は多くのユーザーが待望としていた機能。

有機EL特有の“焼き付き”と“電池持ち”に不安が残るが、新たに開発した低温多結晶酸化物(LTPO)ディスプレイとユーザーが手首を下げると省電力モードに移行することで解決したようだ。

手首を下げると画面が少し暗くなり、上げると明るくなる
手首を下げると画面が少し暗くなり、上げると明るくなる

省電力モードに移行すると、文字盤はダークモードのような暗い見た目に変化、さらに画面の明るさとリフレッシュレートを60Hzから1Hzに落とすことで1日18時間使える電池持ちを実現している。

リフレッシュレート:1秒間に画面を書き換える回数

位置情報は新しい内蔵コンパスによってユーザーがどこを向いているのかマップ上で確認できるように。新しいコンパスアプリでは方位・傾斜・緯度・経度・高度まで確認できる。ほかにもCellularモデルでの国際緊急通話に対応した。新しいケースとしてステンレススチールよりも軽いチタニウムケースと極めてキズに強いセラミックケースも加わった。

Apple Watch Series 5は大規模なバージョンアップではなく、小規模のバージョンアップ。待望としていた常時表示のために4.2万円以上を払ってSeries 4から買い換える必要はあまり感じられないが、新規ユーザーにとっては購入を検討するべきモデルだ。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Android

2020/07/09
Android 11、画面録画でデバイスの音声も収録可能に

Android

2020/07/09
Android 11 ベータ2が配信開始。SDK/APIが最終版に

Android

2020/07/08
Android 11、正式配信日は9月8日か。Googleが明らかに

LINEの使い方

2020/07/08
「Keepメモ」の使い方。LINEのトークがメモ帳に
Recommendこんな記事も読まれています