bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple Watch、振動部品に深刻な不具合が見つかる――製品版への影響はなし

Apple Watch

Apple Watch、振動部品に深刻な不具合が見つかる――製品版への影響はなし

Apple Watchには、心地良いバイブレーション通知を実現するために非常に重要な「Taptic Engine(タプティックエンジン)」が搭載されていますが、この部品に深刻な不具合が見つかったことが明らかになりました。

製品版のApple Watchへの影響はなし

ウォール・ストリート・ジャーナルの報道によれば、「Taptic Engine」の製造を手がけるのは中国のAAC Technologies Holdingsと日本の日本電産の2社で中国の企業が製造を手がけた部品に「使い続けると部品が壊れる」という深刻な不具合が見つかったとのこと。

A key component of the Apple Watch made by one of two suppliers was found to be defective, prompting Apple Inc. to limit the availability of the highly anticipated new product, according to people familiar with the matter.

引用元:Apple Watch: Faulty Taptic Engine Slows Rollout – WSJ

この深刻な不具合は製品化される前段階の信頼性試験で見つかっているため、製品版のApple Watchに対する影響は確認されておらず、リコールされる予定もないとのこと。


Apple Watchの出荷には大きな影響あり。供給不足解消までに時間がかかる

ただ、日本電産1社ではApple Watchの需要を一手に抱えられるほどの生産能力はないため、Apple Watchの出荷状況には大きな影響を与えており、現在、Apple Watchの出荷予定日は6月となっていますが、この出荷遅延が解消されるまでには時間がかかりそうです。

Apple Watch、振動部品に深刻な不具合が見つかる――製品版への影響はなし

Apple公式サイトでのApple Watchの出荷予定日は6月に

まだ手元にApple Watchが届いてない人はもちろん、これからApple Watchを注文する人への影響はもちろん、既にApple Watchを購入した人には、Apple Watchが初期不良を起こした場合や交換修理となった時の影響が考えられます。

実際にApple Watchの初期不良に遭遇し、交換対応になったものの、製品が渡せるのは6月以降になったことで修理を先送りにするという報告もTwitterでは確認できました。


Apple Watchのバイブレーション通知は、手首を「トン、トン」といい感じに叩いてくれるものになっていて、スマートフォンやAndroid Wearで採用されているのそれとは全く違うものを実現しています。

通知が大きな役割を果たすApple Watchにとって非常に重要な部品に不具合が起きていたことは非常に心配なニュースでしたが、既に手元になるApple Watchへの影響はなしとのことで、とりあえずは一安心といったところでしょうか。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Apple Music

2018/09/22
miwaの全楽曲が「Apple Music」などで聴き放題に

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/09/22
写真・動画、ショートカットもカンタンに送れる「iCloudリンク」の使い方

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/09/22
「iPhone XS」でバッテリー残量をパーセント表示する方法

au

2018/09/21
auも4年縛り見直し アップグレードプログラムEX/EX(a)の改定を発表
Recommendこんな記事も読まれています