bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple WatchはIPX7等級の非防水に――アップルは「水に浸すことは推奨しない」と案内

Apple Watch

Apple WatchはIPX7等級の防水に――アップルは「水に浸すことは推奨しない」と案内

ティム・クックCEOがシャワーを浴びながら使っていると発言したことから「防水対応」とされていたApple Watchですが、アップルは公式ページにて「防水性能はありません」と案内しています。

アップル、「Apple Watchは防沫性能と耐水性能を備えていますが、防水性能はありません」とアナウンス

Apple Watchの公式ページにある注意書きには以下の様な記載が追加されていました。

*Apple Watchは防沫性能と耐水性能を備えていますが、防水性能はありません。例えば、エクササイズ中、雨の中、手を洗う時にApple Watchを着用および使用できますが、Apple Watchを水に浸すことは推奨しません。Apple WatchにはIEC規格60529にもとづくIPX7等級の耐水性能があります。レザーバンドは耐水性ではありません。

引用元:Apple – Apple Watch – 健康とフィットネス

「IEC規格60529に基づくIPX7等級の耐水性能がある」と案内されています。

IEC規格60529が定める防水性能は全8段階あり、Apple WatchはIPX7等級ということで、7段階目までサポートされているということになります。7段階目の防水性というのは、水に30分程度水没させても問題なく使用できることを示すもので一般的な防水スマートフォン、防水タブレットでも対応しているものです。

IPX7等級であれば、防水と案内しても良く、水中でApple Watchを使用しても問題ないと思われますが、Apple Watchは防水性能はない、水に浸すことは推奨しないとのことなので、水中での使用は自己責任であり故障してもサポートは行わないということだと思います。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Android

2019/05/20
ファーウェイ、既存製品へのセキュリティアップデートの継続提供を発表

LINE Pay

2019/05/20
LINE Pay、最大20%還元の「Payトク」を6月1日から開催

LINE Pay

2019/05/20
LINE Payの300億円祭がスタート。やり方と送れない時の対処方法を解説

Googleニュース

2019/05/20
世界2位のファーウェイに大打撃、GoogleがAndroidアップデートなど提供停止か
Recommendこんな記事も読まれています