バルミューダ、新しい携帯端末を年内投入か。BALMUDA Phoneは9月にAndroid 12アプデ予定

bio
Yusuke Sakakura公開日:2022/08/08 21:28

バルミューダ、新しい携帯端末を年内投入か。BALMUDA Phoneは9月にAndroid 12アプデ予定

バルミューダが2022年上期(2022年1~6月)の業績を発表しました。

以前のグループインタビューで「今年に関しては8月かな?今予定されているのはAndroid 12に対応します。これは言い切ります」と言及していたBALMUDA PhoneのOSアップデートについて、9月配信予定であることを明かしています。

2022年4月-6月の売上高はわずか500万円に

BALMUDA全体の売上高は87億8400万円を記録。前年同期比12.7%増となったものの、営業利益は4億2100万円で41.9%減を記録しました。

製品カテゴリー別では、BALMUDA Phoneが属する携帯端末関連の売上高は1億8300万円。このうち第2四半期(2022年4月-6月)の売上高は500万円と厳しい結果になっています。

2022年上期(2022年1~6月)の業績サマリー

2022年上期(2022年1~6月)の業績サマリー

製品カテゴリー別売上高推移

製品カテゴリー別売上高推移

CNET Japanによれば、寺尾社長は「携帯端末は下期にまとまった納入がある。年間10億8000万円の目標は変更しない。ネバーギブアップでがんばる」と述べたとのこと。

寺尾社長が語る“下期にまとまった納入”が指すのは新製品の投入でしょう。昨年11月に開催されたBALMUDA Phoneの新製品発表会では「スマホと呼ばれないデザインも始まっている」と新製品の開発を予告していました。

BALMUDA Phone 2となるのか、BALMUDA Tabletになるのか、BALMUDA Watchになるのか、BALMUDA Earになるのかわかりませんが、BALMUDA Technologiesにとっては非常に重要な商品になるでしょう。

昨年発売したBALMUDA Phoneについては、Android 12のアップデートを9月に予定しており、下期中に独自アプリケーションの大規模アップデートを計画していることも語られています。

「BALMUDA Technologiesカテゴリーへの挑戦」としては、BALMUDA Phoneの継続的な価値向上を進める。9月には、Android 12への更新を予定。下期中には、独自アプリケーションの大幅なアップデートを計画しているという。

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています