bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、2018-2019冬春モデルを11機種発表。発売日・価格まとめ

NTTドコモ

ドコモ、2018-2019冬春モデルを11機種発表。発売日・価格まとめ

ドコモが2018冬モデル・2019春モデルとしてスマートフォン7機種、ドコモケータイ2機種、モバイルWi-Fiルーター1機種、新しいカテゴリのワンナンバー1機種の全11機種を発売する。

ラインナップはハイエンドモデルの「Xperia XZ3」「Galaxy Note9」、Googleスマートフォンの「Pixel 3」「Pixel 3 XL」、ずっと月額1,500円が割引されるdocomo with対象機種の「AQUOS sense2」「Galaxy Feel2」「らくらくスマートフォンme」、1Gbps超の高速データ通信が可能なWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION」、約2年ぶりとなる新機種のフィーチャーフォン「AQUOSケータイ」、世界最薄・最軽量のカードサイズケータイ「カードケータイ」、スマホと電話番号を共有できる「ワンナンバーフォン」が発売される。

発売日は10月25日から順次。ドコモオンラインショップでは既に一部機種の予約受付がスタートしている。

ドコモ2018-2019冬春モデルのラインナップ・発売日

機種名発売日予約ページ
Xperia XZ311月上旬予約する
Galaxy Note910月25日予約する
Pixel 3 / Pixel 3 XL11月1日確認する
Galaxy Feel211月上旬予約する
AQUOS sense2今冬発売確認する
らくらくスマートフォン me2019年春発売確認する
カードケータイ11月下旬発売確認する
ワンナンバーフォン10月下旬発売予約する
AQUOSケータイ2019年春確認する
Wi-Fi STATION2019年春発売確認する

Xperia XZ3

Xperia XZ3

「Xperia XZ3」は、手にフィットする3Dカーブデザインを採用したモデル。Xperia XZ2シリーズで不評だった厚みが1mm以上もスリム化された。

ディスプレイはブラビアと同じ映像美を目指したシリーズ初の有機ELを採用。ブラビアとXperiaのディスプレイを肉眼で見比べながら手作業で画質を調整し、スマートフォンならではのチューニングを実施。有機ELならではの漆黒と光、色彩力を引き出し、引き込まれるような映像美や没入感を実現した。

6インチの大画面を片手でも快適に操作できる「サイドセンス」を新たに搭載。両サイドの側面どちらかをダブルタップすると、AIが場所・時間・利用頻度からユーザーが次に使いたいアプリを予測して表示する。

カメラはデジタル一眼で撮影したような写真・動画がスマホでカンタンに撮影できる高性能カメラを搭載。13種類の被写体や撮影シーンおよび4種類のコンディションを自動で判別して設定を最適化する「プレミアムおまかせオート」に対応。AIがカメラを構えた時の動作を検知してカメラアプリを起動する「スマートカメラ起動」もサポートする。

フロントカメラは薄暗い場所でも明るく撮影できるf/1.9の新しいレンズを搭載。背景の自然な「ぼけ」や肌を美しく加工する「美肌」、「肌の明るさ」「目の大きさ」「輪郭補正」など5つの効果を付けられる「ポートレートセルフィー」が利用できる。

ドコモ版の「Xperia XZ3」では受信時最大988Mbps、送信時最大131.3Mbpsの高速データ通信が可能。また、発売記念キャンペーンとして購入先着29,000名にXperiaロゴ入り、オリジナル本革スマートフォンスタンドがプレゼントされる。

「Xperia XZ3」の販売価格は98,496円。月々サポートを適用した実質支払額は新規契約・機種変更の場合51,840円、のりかえの場合34,992円となる。

OSAndroid 9 Pie
サイズ約73 x 158 x 9.9mm
重さ約193g
ディスプレイ約6.0インチ
Quad HD+(1,440 x 2,880)
有機EL
トリルミナスディスプレイ for mobile
カメラシングルレンズ
19メガピクセル
フロントカメラシングルレンズ
13.2メガピクセル
プロセッサSnapdragon 845
メモリ4GB
ストレージ64GB
バッテリー3,200mAh

Xperia XZ3を予約する

Galaxy Note9

Galaxy Note9

「Galaxy Note9」は革新的な進化を遂げた「Sペン」を搭載するスマートフォン。

SペンはBluetooth Low-Energy(BLE)に対応したことでまったく新しい使い方が可能になった。ボタンを長押しするとカメラが起動(別のアプリに変更することも)し、カメラ起動中にボタンを押すとセルフィーやグループショットに役立つリモート撮影に対応。Sペンをリモコン代わりにしてプレゼンテーションのスライド操作をしたり、ボイスレコーダーや動画や写真のコントロール、Chromeのページ操作もできる。

さらに、Sペンを抜くと画面がオフのままでメモを撮ることができるほか、Sペンのボタンを押しながら画面をトントン♪とタップすると、Galaxy Note9が起動して電話中でもすぐにメモが取れる。手書きのメモは検索にも対応。電話番号や計算は電話や電卓アプリとの連携機能も備える。

ディスプレイはGalaxyシリーズ史上最大のインフィニティディスプレイで、鮮やかな色彩と繊細な表現を可能にする6.4インチの有機ELを搭載。バッテリーは4,000mAhの大容量。ヒートパイプで熱を冷やし、カーボンシートで熱を逃す強力な「ウォーターカーボン冷却」システムによって冷却性能が21%もアップしている。

ドコモ版の「Galaxy Note9」は受信時最大988Mbps、送信時最大75Mbpsの高速データ通信に対応する。また、購入キャンペーンとして10月24日までに予約し、11月18日までに購入。11月30日までに専用サイトから応募すると9,999円分のdポイントがプレゼントされる。

「Galaxy Note9」の販売価格は126,360円。月々サポートを適用した実質支払額は新規契約・機種変更が85,536円、のりかえの場合63,504円となる。

OSAndroid 8.1
サイズ約76 x 162 x 8.8mm
重さ約201g
ディスプレイ約6.4インチ
QHD+(1,440 x 2,880)
有機EL
カメラデュアルカメラ
広角12.2MP(f/1.5,f/2.4) + 2倍望遠12.2MP(f/2.4)
フロントカメラシングルレンズ
8メガピクセル
f/1.7
プロセッサSnapdragon 845
2.8GHz + 1.7GHz
オクタコア
メモリ6GB
ストレージ128GB
バッテリー4,000mAh

Galaxy Note9を予約する

Galaxy Feel2

Galaxy Feel2Galaxy Feel2
Galaxy Feel2Galaxy Feel2

毎月の料金からずっと1,500円が割引かれる「docomo with」の対象機種として女性向けのスマートフォン「Galaxy Feel2」が発売される。

ボディはなめらかなフォルムとの組み合わせによって持ちやすさがアップ。ストラップホールを備えるなど手が小さい女性でも快適に操作できる。素材にはシンプルで上質感のあるメタル&ガラスを採用。 洗練されたデザインで飽きずに長く使えるため、長く使うほどおトクになるdocomo withにピッタリの1台だ。

ディスプレイのサイズは0.9インチも大型化。画面占有率は67%から78%に大幅アップしたことで没入感と握力のある映像が楽しめる。なお、画面の縦横比は18.5:9の縦長サイズに変更されたことで横幅はわずか3mmの増加に抑えられているため操作性を損なっていない。

電池持ちはコンパクトモデルとして今冬トップクラスとなる約140時間の実使用時間を実現。120分でフル充電できる急速充電もサポートする。4GBのメモリを備えるなどdocomo withながらスペックも充実したモデルだ。

「Galaxy Feel2」の販売価格は一括42,000円となる見込み。docomo with対象機種のため月々サポートは適用されない。

購入キャンペーンも実施されており、先着10万名の購入者を対象にカンタンブック&特性ストラップがプレゼントされる。

「Galaxy Feel2」の販売価格は一括42,120円。docomo with対象機種のため月々サポートは適用されない。

OSAndroid 8.1
サイズ約70 x 149 x 8.4mm
重さ約168g
ディスプレイ約5.6インチ
HD+(720x1,480)
有機EL
カメラシングルレンズ
16メガピクセル
f/1.7
フロントカメラシングルレンズ
16メガピクセル
f/1.9
プロセッサExynos 7885
2.2GHz + 1.6GHz
オクタコア
メモリ4GB
ストレージ32GB
バッテリー3,000mAh

Galaxy Feel2を予約する

AQUOS sense2

AQUOS sense2AQUOS sense2
AQUOS sense2AQUOS sense2

毎月の料金からずっと1,500円が割引かれる「docomo with」の対象機種として「AQUOS sense2」が発売される。

特徴は「持ちやすいサイズ感と快適な操作性」「AQUOSならではの見やすい大画面」「長く使える電池持ちと防水性能」の3つ。

ボディの素材はプラスチックからアルミ素材に変更されたことで高級感と放熱効果が向上。さらに、曲げ強度が3倍になったことで万が一、スマートフォンを後ろのポケットに入れたまま座ってもあんしんできる。手に馴染むラウンドフォルムは女性でも持ちやすく、片手でも操作しやすいデザインだ。

IGZOディスプレイはSNSが見やすい約5.5インチの縦長サイズになり表示領域が23%もアップ。画面の明るさは約47%もアップし、AQUOSの技術を受け継いだ「リッチカラーテクノロジーモバイル」によって実物に近い鮮やかな色味で再現する。通常の動画コンテンツを鮮やかなコントラストが楽しめるHDR画質にアップコンバートする「バーチャルHDR」にも対応する。

ディスプレイの消費電力は最大21%も削減されたことで長時間の電池持ちを実現。負担の少ない充電方法で電池の劣化を抑え、1年後も90%以上の電池性能を維持する「インテリジェントチャージ」にも対応。さらに、発売から2年間・最大2回のOSバージョンアップが約束されているため長期間あんしんして利用できる。

新機能としてスマートフォン初心者やシニア向けの「かんたんモード」が追加されている。同機能を利用することで大きなアイコンで見やすいホーム画面「AQUOSかんたんホーム」や見やすい画質に自動調整する「はっきりビュー」、文字が大きく見やすい「フォントサイズ(特大)」などの設定を一括でオンにできる。

「AQUOS sense2」の販売価格は一括31,752円。docomo with対象機種のため月々サポートは適用されない。

OSAndroid 8.1
サイズ約71 x 148 x 8.4mm
重さ約155g
ディスプレイ約5.5インチ
フルHD+(1,080x2,160ピクセル)
TFT液晶(IGZO)
カメラシングルレンズ
12メガピクセル
f/2.0
フロントカメラシングルレンズ
8メガピクセル
f/2.2
プロセッサSnapdragon 450
1.8GHz
オクタコア
メモリ3GB
ストレージ32GB
バッテリー2,700mAh

オンラインショップで見る

らくらくスマートフォン me

らくらくスマートフォン me

毎月の料金からずっと1,500円が割引かれる「docomo with」の対象機種として「らくらくスマートフォン me」が発売される。

らくらくスマートフォンの最新機種はらくらくスマートフォンっぽさを感じさせないスタリッシュな新デザインを採用。大画面でも持ちやすいフォルムを実現するなど操作性も向上している。23項目のMIL規格に準拠するタフネスさ、泡タイプのハンドソープで洗浄できる防水性能も特徴だ。

4.7インチのディスプレイに表示される文字サイズは前機種よりも最大1.35倍に。さらに、サイドのカメラキーを押すと拡大モードに移行し、見にくい場所をタッチすると小さい文字を拡大表示できる。タッチパネルはタッチ(触れる)とクリック(押す)を区別する「らくらくタッチパネル」が復活。携帯電話のようにボタンを押すような感覚でタッチ操作ができる。

カメラはAIを取り入れて大きく進化。AIで人を認識して背景だけをぼかすことで一眼レフで撮影したような写真が撮れるポートレート機能に対応。また、撮影した花をAIで分析することで花の種類や名前がわかる「花ノート」を収録。専用アプリで手帳のように花のデータを集めて楽むことが可能だ。

最大の特徴は背面に配置された脈波センサーだ。特別な機器を必要とせず、センサーに指を置くだけで血管年齢や脈拍数、体のストレスを測定可能。測定データは歩数・歩速・睡眠・脈拍数・心の健康度と共に専用アプリ「ララしあコネクト」で一元管理される。

さらに、電話帳に未登録の電話番号から電話がかかってくると、発信者側にけん制メッセージを自動で伝えるあんしん機能を収録。こちらから未登録の電話番号にかける場合も会話の中から還付金詐欺に関する特定のキーワードを抽出し、危ないシーンを端末が自動で察知する。

「らくらくスマートフォンme」の販売価格は一括43,416円。docomo with対象機種のため月々サポートは適用されない。

OSAndroid 8.1
サイズ約70 x 143 x 9.3mm
重さ約140g
ディスプレイ約4.7インチ
HD(720x1,280ピクセル)
有機EL
カメラシングルレンズ
13.1メガピクセル
f/2.0
フロントカメラシングルレンズ
5メガピクセル
f/2.4
プロセッサSnapdragon 450
1.8GHz
オクタコア
メモリ3GB
ストレージ32GB
バッテリー2,110mAh

オンラインショップで見る

カードケータイ

カードケータイ

これまでにないコンセプトの新製品として「カードケータイ」が発売される。

カードケータイは、4Gケータイとして世界最薄・最軽量のカードサイズに機能を凝縮した携帯電話で、VoLTEによる高音質通話やメッセージ(SMS)、Wi-Fiテザリング、ウェブブラウジング、スケジュール管理、メモ機能が利用できる。

ディスプレイはブルーライトが発生せず目に優しく外出先でも見やすい約2.8インチの電子ペーパー。静止画面の消費電力はゼロのため、超小型ボディながら長時間の電池持ちを実現している。

通話・メッセージ専用の2台目やアプリがダウンロードできないため子どもの連絡用携帯電話、カメラがないためビジネス用途としても利用できる。極薄かつスマートフォンの約1/3の軽さのため、ポケットに入れたままランニングなどの激しいワークアウトもこなせる。

ちなみに、京セラの端末がドコモから販売されるのは「DataScope for DoCoMo」以来、20年ぶり。

「カードケータイ」の販売価格は31,752円。月々サポートを適用した実質支払額は10,368円となる。

OS独自OS
サイズ約55 x 91 x 5.3mm
重さ約47g
ディスプレイ約2.8インチ
600 x 480ピクセル
電子ペーパー
プロセッサSnapdragon 210
1.0GHz
クアッドコア
メモリ1GB
ストレージ8GB
バッテリー380mAh

オンラインショップで見る

ワンナンバーフォン

ワンナンバーフォン

「ワンナンバーフォン」は1つの電話番号をスマートフォンと共有することで、両方のデバイスで音声通話やデータ通信ができる月額500円のワンナンバーサービスで利用できるドコモケータイ。

スマートフォンを持たずにランニングなどのワークアウトに出かけたり、オフィスや自宅にスマートフォンを置いたままワンナンバーフォンだけで外出しても音声通話が利用できる。

現在、ワンナンバーサービスに対応するデバイスはApple Watchのみとなっているが新たに「ワンナンバーフォン」が追加される。

胸ポケットにもすっぽり収まるコンパクトボディに押しやすいハードキーが搭載されるなどフィーチャーフォンのままの使い勝手を実現。高品質通話のVoLTEやスマートフォンに登録された電話帳の中から着信通知のオン・オフの選別が可能で、大切な人からの電話のみワンナンバーフォンで着信する「プライオリティ着信」をサポートする。

SNSや動画視聴はスマートフォンで、電話はワンナンバーフォンで、といった使い分けが可能。電池を消費しやすい音声通話をワンナンバーフォンに任せることでスマートフォンのバッテリー対策としても役立てることができる。

「ワンナンバーフォン」の販売価格は9,720円となる見込み。回線契約は必要なく単体で購入できる。

OS独自OS
サイズ約54 x 110 x 7.0mm
重さ約55g
ディスプレイ約1.54インチ
128 x 64ピクセル
有機EL
プロセッサSnapdragon 210
1.1GHz
クアッドコア
メモリ512MB
ストレージ4GB
バッテリー548mAh

ワンナンバーフォンを予約する

AQUOSケータイ

AQUOSケータイ

「AQUOSケータイ」は2年ぶりの新機種となるAndroidベースのフィーチャーフォン。

音声通話用のスピーカーがさらに15%も大きくなったことで耳の位置を気にせず通話できる「でかレシーバー」や強度が1.4倍になったバイブレーション、強化されたキー構造、12ヶ月後も90%以上の電池性能を維持する「インテリジェントチャージ」に対応する。

「AQUOSケータイ」の販売価格は30,456円。月々サポートを適用した実質支払額は10,368円となる。

OSAndroid
サイズ約51 x 115 x 17.2mm
重さ約120g台
ディスプレイメイン:約3.4インチ、QHD(540 x 960)
サブ:約0.9インチ、36 x 128ピクセル
プロセッサSnapdragon 210
1.1GHz
クアッドコア
メモリ1GB
ストレージ8GB
バッテリー1,680mAh

オンラインショップで見る

Wi-Fi STATION

Wi-Fi STATION

「Wi-Fi STATION」は受信時最大1Gbpsのハイスピード通信が可能なモバイルWi-Fiルーター。QRコードを読み込むことでカンタンに接続できるほか、約610時間の長い電池持ちも魅力のひとつ。付属のクレードルに有線LANを接続することで高速かつ安定したアクセスポイントにもなる。

「Wi-Fi STATION」の販売価格は25,920円。月々サポートを適用した実質支払額が0円となる。

OSAndroid
サイズ約66 x 130 x 13.8mm
重さ約150g台
ディスプレイ2.4インチ
タッチパネル
バッテリー3,000mAh
通信速度受信時最大1,288Mbps、送信時最大131.3Mbps

オンラインショップで見る

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Pixelの噂・最新情報

2018/11/18
Pixel 3の購入で「YouTube Music Premium」が6か月間無料に

Googleニュース

2018/11/18
2台目の「Pixel 3」が半額に?Googleがブラックフライデーセールを予告

ポケモンGO攻略

2018/11/18
「Let's Go! ポケモンフェスティバル in 墨田」レポート

セール

2018/11/18
24時間限定、Anker20製品が最大30%オフになる特選タイムセール
Recommendこんな記事も読まれています