ahamo、音声定額込みで料金値下げか。週明けにも発表

bio
Yusuke Sakakura

ahamo、音声定額込みで料金値下げか。週明けにも発表

ドコモの井伊社長が朝日新聞のインタビューに応じて他社に対抗せず新料金プラン「ahamo」の料金見直しを「やらない」と名言していたが、ANNニュースによれば値下げする方向で調整していることが関係者への取材でわかったという。

音声定額をオプション化した値下げは「やらない」だった?

携帯3社が3月に提供を開始する20GBの新料金プランは、auのpovoとソフトバンクのLINEMOが2,480円の基本料金に5分以内の音声定額を含めず500円のオプションとして提供するのに対して、ドコモは2,980円の基本料金に5分以内の音声定額を含めて提供する。

ahamopovoLINEMO
料金2,980円2,480円2,480円
データ容量20GB20GB20GB+LINEギガフリー
音声通話5分以内の通話し放題20円/30秒20円/30秒
通話オプション+1,000円で通話し放題+500円で5分以内の通話し放題
+1,500円で通話し放題
+500円で5分以内の通話し放題
+1,500円で通話し放題

他社に対抗しないのか聞かれたNTTの澤田社長は音声定額を基本料金から分離することに否定的な意見を述べ、後日、ドコモの井伊社長は朝日新聞のインタビューで「やらない」と否定。

値下げ対抗しない理由については若い人にも音声通話が必要であることと、5分以内の音声定額を基本料金に含めることで1つの料金で提供できると説明していた。

井伊社長がインタビューで答えた「やらない」とは、音声定額をオプション化した値下げはやらないということなのかもしれない。ANNニュースは通話料金込みでさらなる値下げをして対抗すると報じている。

どれほどの値下げになるかはわからないが、5分以内の音声定額込みで2,480円はなかなか厳しいはず。現実的なのは税込み価格で2,980円、つまり消費税分の値下げではないだろうか。

なお、ドコモは3月1日にahamoの対応機種を発表すると予告しており、料金値下げも同日に発表されるようだ。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています