Samsung、Galaxy Note 21を今年は発売しないと明言。折りたたみスマホにSペン搭載へ

bio
Yusuke Sakakura

Samsung、Galaxy Note 21を今年は発売しないと明言。折りたたみスマホにSペン搭載へ

毎年夏に発表されている大画面を活かしたSペン操作が特徴のGalaxy Noteシリーズ。

今年も8月に新製品発表イベントが開催されるが、Galaxy Z Fold 3やGalaxy Z Flip 3といった折りたたみスマートフォンに注力したイベントになることが示唆されている。

Galaxy Noteシリーズの動向について気になるところだが、今年は最新のNoteモデルを発売しないことをSamsungが正式発表した。

Galaxy Noteシリーズは廃止?休止?

8月11日に開催する新製品発表イベントを前に、Samsungが発表される新製品について予告をしている。

製品画像などがすでにリークされているGalaxy Zファミリーの発表と、折りたたみに関していくつかのサプライズを用意しているとのこと。サプライズには、初めて折りたたみスマートフォン用に設計されたSペンが含まれるという。

続けて、今回は新しいGalaxy Noteを発表するのではなく、Noteの機能をより多くのGalaxyデバイスに展開していくと語った。

Noteシリーズ最大の特徴であったSペンが、Galaxy Sシリーズ/Galaxy S21 Ultra 5Gにも搭載されたことから、Galaxy Noteシリーズの発売には懐疑的な声が多くあがっていたが、Samsungが公式に認めた形になった。

Galaxy Noteシリーズが廃止になるかは不明。9to5Googleによれば、Samsungは今年3月に、Galaxy Noteシリーズの最新モデルについて来年の発売を示唆していたという。

Noteシリーズの最大の特徴であるSペンが、フラグシップモデルのGalaxy Sシリーズと折りたたみスマートフォンのGalaxy Zシリーズに展開されることを考慮すると、魅力的な新機能を搭載しないかぎりユーザーの関心を引くのは難しい。Noteシリーズがこのまま終了するのか、それとも復活するのか今後も注目したい。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています