bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Pixel 5、モーションセンス非搭載?わずか1年で廃止か

Pixelの噂・最新情報

Pixel 5、モーションセンス非搭載?わずか1年で廃止か

Pixel 4の目玉機能として搭載された「モーションセンス」がわずか1年で廃止になる可能性があるようだ。

モーションセンスは、電波を使って手の動きなどを認識する機能。初搭載されたPixel 4では、スマートフォンの上で手を動かすことによってアラームのスヌーズやタイマーのオフ、着信音のミュート、曲のスキップ、直前に再生していた曲に戻すといった空中ジェスチャーに加えて、近づいた時に時刻と通知を表示したり、顔認証の高速化も可能にしていた。

Soliチップ自体を搭載せず?

9to5GoogleのStephen Hallが情報筋から得た話によると、Googleの次期スマートフォン「Pixel 5」ではモーションセンスに欠かせないSoliチップが搭載されない可能性があるという。

Soliチップは60GHzの電波を照射し、対象物に反射した電波から対象物の動きを検知するレーダーチップ。日本では電波法の関係で発売時には利用できず、今年2月に法的な問題がクリアになったあと、ようやく利用可能になったことからも話題になった。

モーションセンスは利用できるまでが話題のピークだったのかもしれない。Pixel 4のレビュー記事であまり期待しない方が良いと書いたが、予想どおり空間ジェスチャはこれまでに数回しか使っていない。仕組みが大げさな割に効果的な機能が少ないというのが正直な感想だ。顔認証と連動することで世界最速の顔認証によるロック解除が実現されているが、オフとオンで大きな差があるかと言われるとそうでもない。

また、Googleみずからオフにすることで電池を節約できると説明しているとおり、モーションセンスは電池持ちにも影響を与える。Pixel 4の電池持ちが期待はずれと評価された1つの原因だろう。

これらの理由からGoogleが「Pixel 5」でSoliチップを搭載せず、たった1年で廃止にしてもなんら不思議ではない。次期Pixelはミドルレンジのチップセットを採用する可能性が高くプレミアム路線から方向転換することも予想される。そうなれば、ますますSoliチップの搭載は怪しくなる。

現時点ではあくまでも噂レベルだが、例年どおりであればそろそろ「Pixel 5」に関する具体的な情報があがってくる。昨年の6月にはGoogle自らPixel 4のデザインをリークしていた(大不評だったので公式リークもわずか1回で終了になるかもしれない)

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

楽天モバイル

2020/06/04
楽天モバイル、Pixel 4を楽天回線対応製品に追加

セール

2020/06/04
20%オフ、フリスクサイズで45W出力のUSB-PD充電器「Anker PowerPort Atom III 45W Slim」

iPadの噂・最新情報

2020/06/04
5G対応のiPad Pro、発売時期は2021年前半か

iOS

2020/06/03
iOS 14、ようやくSafariに翻訳機能を搭載か
Recommendこんな記事も読まれています