macOS Sierra 新機能:Apple Watchで自動ロック解除する方法

bio
Yusuke Sakakura

macOS Sierra 新機能:Apple Watchで自動ロック解除する方法

アップルが本日リリースしたMac向けの最新OS「macOS Sierra」では、Apple Watchを使って自動的にロックを解除することができます。

この記事では、Apple Watchを使って自動的にMacのロックを解除する方法・設定手順を解説しています。

macOS SierraをApple Watchで自動ロック解除する方法

対応機種

Apple Watchで自動ロック解除できる新機能は以下のMacで利用することができます。

  • Mac Pro / Late 2013
  • Mac mini / Late 2014〜
  • iMac 27inch / Late 2013〜
  • iMac 21.5inch / Late 2013〜
  • MacBook 12inch / Early 2015〜
  • MacBook Pro Retina 15inch / Early 2013〜
  • MacBook Pro Retina 13inch / Early 2013〜
  • MacBook Air 13inch / Mid 2013〜
  • MacBook Air 11inch / Mid 2013〜

Apple Watchにパスコードを設定する

Apple Watchを使ってmacOS Sierraを搭載したMacのロックを自動的に解除するには、Apple Watchにパスコードを設定する必要があります。

iPhoneのApple Watchアプリを起動して、「パスコード」に進んで、「パスコードをオンにする」を選択します。

macOS Sierra:Apple Watchで自動ロック解除する方法 macOS Sierra:Apple Watchで自動ロック解除する方法

Apple Watchでパスコードを入力しましょう。

Apple Watchに音楽を保存して再生する方法

Apple IDに2段階認証を設定する

さらに、Apple IDに2段階認証を設定する必要があります。2段階認証は、メールアドレス・パスワードに加えて認証コードを入力することでログインができるもので、セキュリティを飛躍的に向上することができます。

詳しい設定方法は以下の記事でまとめています。


Apple Watchで自動ロック解除をオンにする

Macを起動したら、「システム環境設定」にアクセスして、「セキュリティとプライバシー」を選択します。

macOS Sierra:Apple Watchで自動ロック解除する方法

「Apple WatchでこのMacのロックを解除できるようにする」にチェックを入れると、Apple Watchによる自動ロック解除がオンになります。

macOS Sierra:Apple Watchで自動ロック解除する方法

自動ロック解除がオンになると、Apple Watchを身に着けていたり、Macとの距離が近ければログインパスワードを入力することなく、Macのロックが自動で解除されてすぐに操作することができます。

Watch
無料

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています