ファーウェイ、Androidスマホのアップデート継続を表明

bio
Yusuke Sakakura

ファーウェイ、Androidスマホのアップデート継続を表明

ファーウェイがGoogleのライセンスが切れたあとも発売済みのスマートフォンに対して「今後もこれまで同様にセキュリティおよびソフトウェア・アップデートを提供していくつもり」とTwitterでコメントした。

「今後もソフトウェアアップデートを継続する」

Huawei Centralによるとファーウェイは「オープンソースコミュニティの力と独自の優れた研究開発能力によってソフトウェア・アップデートやサービスを継続する」ともコメントしたそうだ。アプリのアップデートについてはGoogle Playが搭載されているスマートフォンでは同ストアでアップデート可能としている。

昨年、米商務省がファーウェイに対して禁輸措置を行ったことで同社が発売するAndroidデバイスにGoogle関連のアプリやAPIが含まれているGoogleモバイルサービス(GMS)を搭載することができなくなった。

2019年5月16日以前に発売されたファーウェイのAndroidデバイスについては都度更新される一時的なライセンスによってソフトウェアアップデートが提供されている。ただし、米商務省が「おそらくこれが最後(の更新)」と話したとおり8月13日をもってライセンスが更新されず期限が切れたことからソフトウェアアップデートが不可能になると報じた。

Googleは一時的なライセンスによってファーウェイ製のAndroidデバイスに対してセキュリティアップデートやGoogleのアプリやサービスのアップデートが提供できているとコメントしたが、ファーウェイの今回の発表はGoogleのコメントに沿わないものになっている。

今後、出てくるであろう米商務省の見解にも注目が集まる。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています