iOS 14、マウス対応さらに拡大へ。トラックパッド付きiPadキーボードは秋発売か

bio
Yusuke Sakakura

iOS 14、マウス対応さらに拡大へ。トラックパッド付きiPadキーボードは秋発売か

Appleが約3ヶ月後に先行発表するであろう「iOS 14」および「iPadOS 14」ではマウスの対応が拡大するようだ。

昨年リリースされたiOS 13ではアクセシビリティの1つとして初めてマウスに対応したが、今年の秋にはさらにマウス操作が快適になるかもしれない。

iOS 14でマウスカーソル機能が拡大

9to5Macが、確認したコードをもとにiOS 14ではMacで認識できるカーソル機能のほとんどがiOSでも利用可能になると伝えた。

例えば、Safariでリンクの上にカーソルを移動すると指のアイコンに切り替わるなど、カーソルを置いている対象物に応じてアイコンを出し分けすることが可能になるようだ。唯一の違いは矢印などのポインタが自動で消える点とのこと。

2本の指でタップして右クリックするといったMacのジェスチャーのような機能も開発しているという。

さらに、コードからは2つの新しいSmart Keyboardの識別子が確認されたようだ。

“タップしてクリックする”(有効にするとトラックパッドをタップするのではなく、マウスのように押し込んでクリックすることができる)といったトラックパッド用の機能追加が検討されているとのことで、以前から噂されているトラックパッド付きのiPad用キーボードだろう。

なお、iOS 14に同機能が追加されることから以前から報じられているように今年秋に新型iPadと同時に新しいSmart Keyboardが発売される可能性が高いと見られる。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています