bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 11、バッテリー容量大幅アップか

iPhoneの噂・最新情報

iPhone 11、バッテリー容量大幅アップか

Credit: Amazing Unboxing

発売が噂されている9月20日まで1ヶ月を切った新型iPhone(仮称: iPhone 11)。次期モデルでは、双方向のワイヤレス充電に対応することでAirPodsやApple WatchをiPhoneで充電できるほか、バッテリー容量が大幅にアップするようだ。

中国向けにデュアルSIMをサポートした5.8インチモデル登場?

DigiTimesレポートによると、iPhone 11シリーズは昨年発売されたiPhoneと同じように5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイを搭載した2機種、6.1インチの液晶ディスプレイを搭載した3モデルがラインナップされる。

Androidでは不格好なノッチを採用するスマートフォンが激減しているが、新型iPhoneではノッチはそのままで、当初報じられていた小型化も実現されないようだ。

大きな変更のないディスプレイ側と違い、バックパネルは前述した双方向のワイヤレス充電に対応するほか、新色が追加されるなど大幅な変更がある様子。新色に関する具体的な言及はないようだが、これまでにiPhone XRの後継機向けにグリーンやラベンダーが追加されるとの噂がある。

双方向のワイヤレス充電をサポートするためか、バッテリー容量は大幅にアップするようだ。iPhone XSの後継機は3,200mAh、iPhone XS Maxの後継機は3,500mAh、iPhone XRの後継機は3,000mAhとなり、それぞれ20%、10%、2%増量されるとのこと。

カメラはiPhone XS/XS Maxの後継機にトリプルカメラが搭載され、拡大率が0.5倍の超広角レンズが追加。iPhone XRの後継機にはデュアルカメラが搭載されるという。

これらの情報はすでに報じられているものだが、真新しい情報として中国市場向けに発売される5.8インチの新型iPhoneには、デュアルnanoSIMに対応したモデルが発売されるという。デュアルSIM対応は昨年から始まっているが、iPhone XS MaxとiPhone XRのみに限定されていた。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

セール

2020/11/27
4,990円、ワイヤレスイヤホン「BeatsX」が最安値タイのセール中

セール

2020/11/27
半額!スマートディスプレイ「Echo Show 5/8」が最大7,490円オフ

セール

2020/11/27
3,980円〜、全Fire HDタブレットがブラックフライデーに登場

セール

2020/11/27
ほぼ最安値、「Fire TV Stick 4K」がブラックフライデーに登場
Recommendこんな記事も読まれています