bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 12 Pro Max、全リアレンズが光学手ブレ補正対応か

iPhoneの噂・最新情報

iPhone 12、全レンズが光学式手ブレ補正に対応か

今年秋に発売される新型iPhone(仮称:iPhone 12)では、画面サイズの異なる4機種のラインナップになると報じられている。

“Pro”シリーズの上位2機種には、新型iPad Proに搭載されたToFレンズ「LiDARスキャナ」が搭載されるようだが、手ブレ補正においてはProシリーズ間でも差別化されるかもしれない。

センサーシフト式の手ブレ補正に対応

Appleの未発表製品に関して最も信頼できるMing−Chi Kuoの最新レポートによると、「iPhone 12 Max Pro」となるであろう6.7インチのディスプレイを搭載する新型iPhoneには、より多くの光を取り込める大型のイメージセンサーを搭載するようだ。

カメラはセンサーシフト式の手ブレ補正に対応するという。センサーシフト式の手ブレ補正は、名前のとおりジャイロセンサーで手ブレを検知して、ブレを打ち消すようにイメージセンサーを移動することで手ブレを補正する技術。

現在のスマートフォンではレンズを移動させるレンズシフト式が主流だが、センサーシフト式は小型化・薄型化が可能になるほか画質向上も期待できる。

また、イメージセンサーが手ブレに対応するセンサーシフト式であれば、すべてのレンズに光学式手ブレ補正を適用できる。iPhone 11シリーズでは、広角レンズと望遠レンズが光学式手ブレ補正に対応しているが、超広角レンズは対応していない。

Max Weinbachはすべてのレンズがナイトモードに対応するとツイートしていたが、手ブレが起きやすい夜景撮影と数秒〜数十秒間の固定が必要なナイトモードにおいては光学手ブレ補正は必要だ。

iPhone 12シリーズがセンサーシフト式の手ブレ補正に対応するとの噂はこれが初めてではなく、昨年12月にDigiTimesも6.1インチと6.7インチモデルに搭載されると報じていた。ただ、Kuoによれば今年は6.7インチモデルに限定され、2021年のiPhone 13シリーズで対応機種が拡大するとのこと。

超広角レンズは手ブレが起きやすい夜景に弱い

超広角レンズは手ブレが起きやすい夜景に弱い

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2020/09/29
ドコモ新社長、サブブランドについて「まだ何も考えていない」「慎重に検討」

NTTドコモ

2020/09/29
ドコモ完全子会社化で携帯料金の「値下げの余力が出てくる」と発言

NTTドコモ

2020/09/29
NTT、ドコモの完全子会社化を正式発表。年度内の完了を目指す

Android

2020/09/29
Google、Netflixなど独自課金による“Google税逃れ”を規制へ。猶予は1年間
Recommendこんな記事も読まれています