iPhone 13、ノッチの幅縮小か。電池のパーセント表示復活に期待

bio
Yusuke Sakakura

iPhone 13、ノッチの幅縮小か。電池のパーセント表示復活に期待

Appleが今年秋に発売する新型iPhone(仮称:iPhone 13またはiPhone 12s)は、初採用時からデザイン性が悪いと指摘されていたノッチがようやく小型化されると噂されている。

小型化と言っても高さが小さくなるのか、横幅が小さくなるのか、両方なのか、どれぐらい小さくなるのかなど色々気になる点はあるが、最新情報によれば横幅が約8mm短くなるようだ。

もしかするとパーセント形式によるバッテリー残量の常時表示が復活するかもしれない。

スピーカー移動でノッチを縮小

Macお宝鑑定団Blogが6.1インチモデルの3Dモックアップを入手してノッチのサイズ情報を伝えている。

iPhone 12 Proのノッチは高さが5.30mm、横幅が34.83mmだったが、iPhone 13/iPhone 13 Proと予想される6.1インチ3Dモックアップのノッチは高さが5.35mm、横幅が26.80mmとのこと。高さがわずかに大きくなる一方で横幅は約8mm小さくなるという。

これまでに報じられているとおりノッチに配置されていたスピーカーがフレーム側/上方向に移動することでノッチが縮小するようだ。これに伴い、フロントカメラや顔認証「Face ID」やアニ文字、ミー文字に利用する赤外線カメラや投光イルミネータの配置が変わるとのこと。

なお、iPhone 13では画面に指を乗せるだけで画面ロックを解除したり、Apple Payを利用できるディスプレイ指紋認証のTouch IDに対応すると報じられている。

背面に搭載されるカメラは超広角レンズの性能が大幅に向上し、カメラユニット全体の厚みが薄くなることでレンズの突き出しが軽減されると噂されているが、3Dモックアップでは背面カメラ回りの位置やサイズなどの変更は確認できなかったようだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています