iPhone 13 mini、本体の厚みとカメラの出っ張り増加?

bio
Yusuke Sakakura

iPhone 13 mini、本体の厚みとカメラの出っ張り増加?

iPhone 14シリーズで廃止になると噂されている片手で操作しやすいコンパクトボディが特徴の“mini”シリーズ。

今年の秋発売が予想されているiPhone 13 miniの本体サイズは変わらないもののカメラを含めた厚さが増すかもしれない。

iPhone 13 miniは131.5 x 64.2 x 7.57mm?

EverythingAppleProが公開したiPhone 13 miniのサイズ情報によると、縦と横はiPhone 12 miniと同じ146.7 x 71.5mmだが、高さは7.31mm(公式の高さは7.4mm)から7.57mmまで厚くなるようだ。

iPhone 12 miniが売れない理由の1つに電池持ちが短いことが関係しているようだが、iPhone 13 minでは本体の厚さを増すことで大容量バッテリーの搭載スペースを確保する狙いがあるかもしれない。

iPhone 13 mini、カメラの出っ張り増か?

本体の厚みだけでなくカメラは横25.21mm x 縦28.40mmから横28.27mm x 縦28.26mmに変更。高さも1.51mmから2.50mmまで厚みが増している。

2つのレンズの並びが縦ではなく斜めに変更されることで、カメラの形状も縦長から正方形に変わるようだ。

なお、iPhone 13シリーズでは、iPhone 12 Pro Maxだけに搭載されていたセンサーシフト式の光学手ブレ補がすべてのモデルに搭載されると噂されている。レンズを斜めに配置することでセンサーシフト式の光学手ブレ補正を搭載するためのスペースを確保するのかもしれない。

iPhone 13 miniiPhone 12 mini
横幅64.2mm64.2mm
縦幅131.5mm131.5mm
高さ7.57mm / 10.07mm7.4mm / 8.82mm
カメラ横幅28.27 x 縦幅28.26mm横幅25.21x縦幅28.40mm

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています