iPhone 13 Pro、リフレッシュレート120Hzに対応か

bio
Yusuke Sakakura

iPhone 13 Pro、リフレッシュレート120Hzに対応か

ゲームや動画などの映像がなめらかに表示される高リフレッシュレートのディスプレイが搭載されると噂されながらも複数の問題が発生したことからiPhone 12シリーズでは実現しなかった。

すべてのモデルに有機ELを採用したことからディスプレイに関してはProと非Proで差別化されずProユーザーはなんとも言えない気持ちだったが、今年秋に発売される新型iPhone(仮称:iPhone 13)では、ProモデルがLTPOディスプレイによるリフレッシュレート120Hzに対応するという。

Samsungが独占供給か

TheElecによると、今年後半に登場するiPhone 13シリーズはすべてのモデルが有機ELディスプレイを搭載し、Proモデルはリフレッシュレート120Hzに対応したLTPO有機ELディスプレイを採用するとのこと。

「Galaxy Note20 Ultra」でLTPO有機ELディスプレイの採用実績があるSamsungが独占供給するようだ。

リフレッシュレート120Hzは1秒間に120コマを表示することを表す。通常60コマに対して1秒間に表示されるコマ数が倍になるため、ゲームや動画、スクロール時など画面の表示が切り替わる時の映像がなめらかに表示される。

当然、表示するコマ数が倍になれば消費電力が上がって電池持ちが悪くなってしまう。iPhone 12シリーズで高リフレッシュレートのディスプレイが実現しなかった理由の1つがバッテリーに対する懸念と報じられている。

通常リフレッシュレートは固定されるが、iPhone 13シリーズでの採用が噂されるLTPOディスプレイは必要に応じてリフレッシュレートを1〜120Hzの間で可変させることで高リフレッシュレートによる電池持ちの悪さを改善できる。

Androidスマートフォンでは高リフレッシュレートがトレンドになりつつあるため、Appleが今年秋に発売する新型iPhoneに採用されてもおかしくはない。秋ごろには採用されない方がおかしいという状況になってそうだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています