iPhone 13、世界初5nmの5Gモデム搭載?電池持ち改善か

iPhoneの噂・最新情報

iPhone 13、世界初5nmプロセスの5Gモデム搭載で電池持ち改善か

Appleが昨年発売したiPhone 12シリーズは米国版のみ5Gのミリ波にも対応。残念ながら日本を含む多くの地域で販売されたモデルは比較的低速なSub6しか利用できない。

しかし、今年後半の発売が噂されているAppleの新型iPhone(仮称:iPhone 13またはiPhone 12s)では、米国版以外のモデルでもミリ波に対応し、電池持ちを改善しながら5Gに接続できる最新のモデムチップを搭載する可能性があるようだ。

ワンチップで各国の5Gに接続できる5Gモデム

DigiTimesによると、iPhone 13シリーズにはクアルコムが昨年発表した5Gモデムチップ「Snapdragon X60」が採用されるという。

X60の最大の特徴は世界各国で使われている主要な5Gの周波数帯をサポートしていること。各国に合わせたモデムを採用することなく、ワンチップで各国の5Gに接続できるため世界中で販売されるiPhoneとの相性が良い。

世界初のミリ波とSub6のキャリアアグリゲーション(周波数帯を束ねることで高速化・安定化する技術)にも対応することで通信速度は受信時最大7.5Gbps、送信時最大3Gbpsによる高速通信が可能。スタンドアロン5GではSub6のキャリアアグリゲーションによってピーク速度が従来の2倍になる。

世界初はもう1つ。X60は初めて5nmで製造されたモデムチップのため、iPhone 12シリーズで採用された7nm製造のX55よりもコンパクトで消費電力に優れる。

現在は5Gのエリアが非常に狭いため不満は少ないが、5G接続時にデータ通信するとみるみるうちに電池が減っていくため、iPhoneの電池持ち改善に繋がるアップデートは歓迎だ。

なお、MacRumorsはAppleとQualcommの和解文書から2022年に発売されるiPhone 14には、受信時最大10GbpsのX65が採用される可能性が高いと判断している。同文書にはiPhone 12シリーズにX55が採用されるとも記述されていることから信憑性は高い。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

au

2021/04/15
au、「Xperia 1 III」「Xperia 10 III」の予約開始。発売日は6月中旬以降

Xperiaの噂・最新情報

2021/04/15
違いは?Xperia 1 IIIとXperia 10 IIIを比較

NTTドコモ

2021/04/15
ドコモ、Xperia 1 III / 10 IIIを6月中旬以降に発売

Xperiaの噂・最新情報

2021/04/14
ソフトバンク、ミリ波5G対応スマホ「Xperia 1 III」を6月中旬以降に発売
Recommendこんな記事も読まれています