iPhone 14は“完全刷新“のビッグアップデートか。USB-Cは将来的にも搭載せず?

bio
Yusuke Sakakura

iPhone 14は“完全刷新“のビッグアップデートか。USB-Cは将来的にも搭載せず?

3日前にiPhone 13シリーズが発売されたばかりですが、すでに来年発売されるiPhone 14シリーズの噂が報じられています。

iPhone 13の発表前に正確な情報を多数伝えていたBloombergのMark Gurmanによれば、来年発売される新型iPhoneは完璧に刷新されるそうです。

iPhone 4を彷彿とさせる新デザインを採用か

iPhone 13シリーズは“S”アップデートに値する小規模な改善に留まりました。昨年、iPhone 12を購入した人のほとんどが数十万円も支払って買い換える必要はありません。

Mark Gurmanは、iPhone 13シリーズがマイナーアップデートになった理由について、Appleの開発者たちがより時間のかかる大きなことに裏で取り組んでいて、iPhone 14シリーズでは通常モデル、Proモデルともに完全刷新になるとレポートしています。

The minor changes this year also mean that Apple’s engineers were working behind the scenes on bigger things that will take more time. With the iPhone 14, you can expect new entry-level and Pro models and a complete redesign. Until then, enjoy the iPhone 13—or just stick with the iPhone 12.

iPhone 14シリーズに関して具体的な情報を伝えていないものの、これまでに報じられた噂では5.4インチモデルのminiを廃止して新たに6.7インチモデルの廉価版である「iPhone 14 Max」を追加した4機種がラインナップされるようです。

デザインも大幅に変更される可能性があります。iPhone 12|13は、iPhone 5を彷彿とさせるデザインに刷新されましたが、iPhone 14は、iPhone史上最も高く評価されたiPhone 4|4sを彷彿とさせるデザインを採用

ほかにもカメラの出っ張りが解消され、ノッチを廃止して新たにパンチホールを採用。新色も追加と報じられています。

EUに従わず。USB-C搭載ではなく、さらなるワイヤレス化を進める?

EUの環境保護を目的とした端子の統一規制によって、2年後に発売される新型iPhoneにてLightningが廃止される可能性が浮上しています。

しかし、Mark Gurmanの見立てでは、AppleがUSB-Cに変更することはなく、徹底的にワイヤレス化を進めるだろうとのこと。

10年前にAppleが30ピンコネクタからLightningに変更した時も移行は単純ではなく、現在はiPhoneの稼働台数が数倍の10億台を突破していて、さらなる混乱が予想されることを理由にあげています。

なお、Appleは数週間以内に新型MacBook Proを発売するようです。通常、10月または11月に開催される新型Macの発表イベントに期待してくださいと伝えています。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています