iPhone 14、シリーズ最安の6.7インチ iPhone 14 Maxが発売?

bio
Yusuke Sakakura

iPhone 14、シリーズ最安の6.7インチ iPhone 14 Maxが発売?

Credit: Ian Zelbo

Appleが今年秋に発売する新型iPhone(仮称:iPhone 13またはiPhone 12s)は、昨年と同じ5.4インチ、6.1インチx2、6.7インチの4機種ラインナップになる可能性が高い。

ただ、5.4インチのiPhone 12 miniが前倒しで生産を終了するなど、販売不振であることから2022年発売のiPhone 14シリーズでは廃止になると報じられている。

廃止に合わせてAppleはラインナップの再編を行い、iPhone 14シリーズは6.1インチと6.7インチの2サイズ構成になる可能性があるようだ。

画面サイズは6.1インチと6.7インチの2種類構成に

2022年前半に最も安い5G対応のiPhoneが発売されると報告しているMing-Chi Kuoのレポートによれば、Appleが来年発売するiPhone 14シリーズは、画面サイズが6.1インチと6.7インチの2種類でそれぞれにローエンドとハイエンドのモデルが存在するという。

製品名はローエンドモデルの6.1インチが「iPhone 14」、6.7インチが「iPhone 14 Max」、ハイエンドモデルの6.1インチが「iPhone 14 Pro」、6.7インチが「iPhone 14 Pro Max」となるかもしれない。

Kuoは「iPhone 14 Max」の価格が900ドル以下に設定される最も安い大型の6.7インチモデルになるだろうとレポートしている。昨年発売された「iPhone 12 Pro Max」の価格は129,580円〜/1,099ドル〜に設定されている。

気になる新機能は以前から噂されている指紋認証センサーをディスプレイに内蔵することでマスクを着けていてもスムーズに画面ロックを解除できる新しいTouch IDに対応。ハイエンドモデル“Pro”シリーズのカメラが48メガピクセルにアップグレードされるとのこと。

カメラについては光学10倍ズーム、50〜100倍のデジタルズームといった高倍率のズームが可能なペリスコープレンズが搭載されると以前レポートしていた。

デザインの変更について触れられてないものの以前に「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」はノッチデザインから“パンチホールディスプレイデザイン”に切り替わる可能性があるようだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています