Apple、iPhone 14シリーズで販売不振の“mini”廃止か

Yusuke Sakakura

iPhone 14シリーズで販売不振の“mini”廃止か

Appleが昨年発表したiPhone 12シリーズは、iPhone初の5G対応ということもあって買い替え需要が強く販売好調のようだ。

一方で最小・最薄の5Gスマートフォンとして注目を集めた「iPhone 12 mini」は販売不振6月までに生産を停止すると報じられている。

それでも今年の秋にはiPhone 13 miniが発売されるようだが、2022年発売のiPhone 14シリーズ(仮称)ではminiが廃止になるかもしれない。

iPhone 14はクアッドレンズを搭載?

Ming-Chi Kuoの最新レポートによると、iPhone 14シリーズでは6.1インチが2機種、6.7インチが4機種のラインナップになるそうだ。iPhone 12シリーズと同じようにハイエンドとローワーエンドモデルが2機種ずつになるという。

また、iPhone 14シリーズでは4つ目のレンズが追加されることによってカメラが大幅にアップグレードされるとのこと。

現行モデルのProモデルには12メガピクセルのレンズが3つ搭載されているが、新たに48メガピクセルのレンズが追加されるようだ。

48メガピクセルの高精細な写真を撮影できるだけでなく、4つのレンズで撮影した映像を12メガピクセルの写真1枚に合成してすることで、デジタルスチルカメラ並みのピクセルサイズ2.5μmまで大型化させるそうだ。ピクセルサイズが大きくなることでより明るい写真が撮影できるようになる。

動画は8Kの高精細な映像を撮影可能になるとのこと。KuoはAR/MRに最適な解像度は8K〜16KでAR/MRのユーザー体験が向上すると伝えている。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています