売れない「iPhone 12 mini」が生産停止か

bio
Yusuke Sakakura

売れない「iPhone 12 mini」が生産停止か

iPhone 12シリーズで最も安く、最も小さい「iPhone 12 mini」。発表直後こそ大きな注目が集まったが、全iPhoneの販売数のうちシェアがわずか6%に留まるなど期待されていたほど売れていないようだ。

YouTubeやNetflixなど動画コンテンツが人気のため、より大きな画面を求める人や、5G・顔認証・最新のチップセット・超広角で撮れるデュアルカメラよりも3万円も安い第2世代の新しいiPhone SEを選択した人が多いのかもしれない。

iPhone 12 miniの販売不振を受けてAppleが今年の第2四半期までに(4月〜6月)生産を停止する可能性があるとJP Morgan Chaseが報じている。

iPhone 12は“Pro”シリーズが売れ行き好調?

アナリストWilliam Yangの市場予測によると、2021年第1四半期と第2四半期の生産数はiPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 11が増加する一方で、iPhone 12とiPhone 12 miniは減少するそうだ。

なかでも需要の少ない「iPhone 12 mini」については2021年の第2四半期までに生産を停止する可能性があるという。販売停止に至るかはわからないが、AppleはiPhone 12 miniの在庫を多く抱えているのかもしれない。

今年1月のドコモオンラインショップの売れ筋ランキングを確認すると、iPhone 12 Pro→iPhone 12→iPhone 12 mini→iPhone 12 Pro Maxの順番でランクインしていて、iPhone 12 Proに関しては全容量・全色在庫なし。iPhone 12 Pro Maxも在庫のない容量やカラーが複数あるなどアナリストの予測は日本市場にもあてはまる。

iPhone 12 miniの販売不振を理由に今年秋に発売が噂されているiPhone 13シリーズにてたった1年で“mini”が姿を消す可能性も考えられなくはないが、Appleは画面サイズが同じの4機種をラインナップすると報じられている。

オンラインショップで購入

docomo

SoftBank

au

Rakuten

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています