bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhoneの5G対応は2020年に?噂の「iPhone SE2」は4.7インチサイズか

iPhoneの噂・最新情報

iPhoneの5G対応は2020年に?「iPhone SE2」は4.7インチサイズか

Barclaysのアナリスト、Blayne Curtisが今月上旬にアジアのサプライヤーから2019年と2020年に発売される新型iPhoneの情報を入手したようだ。

今年発売されるiPhoneは3D Touchを廃止

今年発売される新型iPhoneに関する情報はこれまでに報じられているものとほぼ同じ。デザインに大きな変更はなく、背面に搭載されるカメラのレンズ数が増える。また、画面を押し込むようにして操作できる3D Touchが廃止され、iPhone XRが採用する「Haptic Touch」に置き換わるという。

ちなみに、圧力を段階的に認識できる3D Touchと長押しのみ検知できるHaptic Touchには小さくない機能差がある。例えば、Haptic Touchでは、ホーム画面でアプリのアイコンを押し込んでショートカットやウィジェットを表示することはできないし、LINEのトークで既読を付けずに読むこともできない。

3D Touchが廃止されるのであれば、Haptic Touchの進化が必要だ。Appleが来月4日に開催する開発者向けのイベント「WWWDC 2019」では新型iPhoneに搭載されるであろう「iOS 13」が先行発表されるはず。キーノートでHaptic Touchに関する言及はなさそうだが、開発者向けに提供されるベータ版ではなんらかの変化があるかもしれない。

なお、iPhone XRの後継機はRAMの容量が3GBから4GBに増えるそうだ。

2020年発売のiPhoneは画面内臓のTouch IDを搭載か

2020年に発売される新型iPhoneでは、5G対応やTrueDepthカメラに続いて背面に搭載されるカメラも3Dセンシングに対応する。最大の変化は画面内蔵型のTouch IDで、HUAWEI P30 ProやGalaxy S10のように、指をディスプレイに乗せることで画面ロックなどの解除が可能になるようだ。

一部のサプライヤーによれば「iPhone SE2」が発表される可能性があるという。ただし、ベースとなるのはiPhone 8で、SEユーザーが望んでいる4インチのコンパクトモデルではなさそうだ。

なお、「iOS 13」ではiPhone 5s、iPhone SEといった4インチモデルがアップデートの対象外になるとの噂がある。これが事実であれば、Appleは4インチのiPhoneを今後発売することはなさそうだ。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Apple Watch

2019/08/17
新型Apple Watch、セラミックケース復活。新素材のチタニウムケースも登場か

Apple Watch

2019/08/17
Apple Watch Series 5、9月に発表か

Apple Pay

2019/08/16
20%現金還元、JCBがキャンペーン開始。Apple PayとGoogle Payで

HomePod

2019/08/16
「HomePod」の日本発売日は8月23日。きょうから予約開始
Recommendこんな記事も読まれています