bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 6sの電源が突然落ちる不具合、不具合の対象か調べる方法

Appleニュース

iPhone 6sの電源が突然落ちる不具合、不具合の対象か調べる方法

アップルが11月に発表した「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」日本語対応ページが公開されました。

これまでプログラムの対象か確認するにはアップルに問い合わせる必要がありましたが、iPhoneのシリアル番号を入力するとプログラムの対象かネットで簡単に確認できます。

iPhone 6sの電源が落ちる不具合、無償修理プログラムの対象か調べる方法

「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」は、iPhone 6sのバッテリーが十分にあるにも関わらず、電源が突然落ちてしまう事象に対応するプログラムです。

プログラムに申し込むと無償でiPhone 6sのバッテリーを交換することが可能。交換対応を受けるにはアップルに配送するか、正規サービスプロバイダまたは直営店のApple Storeに持ち込む必要があります。

なお、プログラムの対象は2015年9月から10月に製造された一部のiPhone 6sのみ。

プログラムの対象か確認するには設定から「一般」→「情報」に進んでシリアル番号を長タップしてコピーしたあと、プログラムの案内ページにシリアル番号を入力すると、プログラムの対象か確認することができます。

iPhone 6sの電源が突然落ちる不具合、不具合の対象か調べる方法 iPhone 6sの電源が突然落ちる不具合、不具合の対象か調べる方法 iPhone 6sの電源が突然落ちる不具合、不具合の対象か調べるさ方法

すでにプログラムに申し込んでいる場合は「入力されたシリアル番号は本プログラムの適用対象外です。」と表示されます。

iPhone 6sの電源が突然落ちる不具合、不具合の対象か調べるさ方法

アップルによればプログラムの申し込みが殺到しているため、Apple Storeの予約に時間がかかる上、Apple Storeの予約が取れてもバッテリーの入荷待ちが発生しているため、予約から交換までに2週間前後かかることがあります。

なお、iOS 10.1以降をインストールしたiPhone 6s以外のiPhoneでも同様の症状が発生しており、バッテリーを交換後も同じような事象が発生したとの報告もあります。


Apple Store

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Twitterニュース

2018/11/15
Twitter、翻訳機能をMicrosoftからGoogleに変更。酷評されていた翻訳精度向上へ

ソフトバンク

2018/11/15
ソフトバンク、上下の“ダブルノッチ”搭載のコンパクトスマホ「AQUOS R2 Compact」を発売

Pixelの噂・最新情報

2018/11/15
ついに登場。Pixel 3に夜間モード「Night Sight」追加で驚異的な夜景撮影が可能に

Googleニュース

2018/11/14
Google、App Storeの手数料30%を上乗せして「YouTube Premium」を提供
Recommendこんな記事も読まれています