5.7インチに巨大化。新型iPhone SEが2023年に発売か

bio
Yusuke Sakakura公開日:2022/01/18 8:05

5.7インチに巨大化。新型iPhone SEが2023年に発売か

Appleが3月または4月にオンラインイベントの開催を計画していて、5G対応のiPhone SE(第3世代)が発表されるようです。

iPhone SE(第3世代)の見た目や画面サイズは現行モデルと変わらないマイナーアップデートモデルになると噂されています。

ビッグなアップデートがやってくるのは早ければ2023年になるかもしれません。画面サイズは5.7インチ以上とのことで、いよいよ片手操作が難しくなります。

今年発売される新型SEは「iPhone SE 5G+」に?

ディスプレイに関して多数の実績があるRoss Youngによると、早ければ2023年に発売される第4世代の新型iPhone SEでは、5.7インチまたは6.1インチのディスプレイを搭載するとのこと。

同氏は以前、2023年に発売されるiPhone SEは、パンチホールを採用した6.1インチのディスプレイだと主張していましたが、最新のレポートでは、6.1インチよりも5.7インチが有力と訂正しています。

しかし、iPhone SEは旧モデルのボディやディスプレイを流用することで、設計にコストをかけず販売価格を抑えたシリーズのため、これまでのiPhoneに採用されていない5.7インチのディスプレイを採用する点について少し疑問が残ります。iPhone X|XS|11 Proに採用された5.8インチであれば納得感がありますが、どうでしょう。

5.8インチのディスプレイを搭載したiPhone X

5.8インチのディスプレイを搭載したiPhone X

さらに、Ross Youngは今年春に発売される可能性の高い第3世代のiPhone SEの名称について「iPhone SE 5G+」になる可能性を示唆しています。

記事の冒頭でも書いたように第3世代のiPhone SEは、見た目や画面サイズの変わらないマイナーアップデートのため、大きなインパクトのないモデルです。少しでも興味を引くために製品名に5Gを追加する可能性はあるかもしれません。実際に製品名に5Gを追加するメーカーは存在します。

ただ、Appleが製品名に通信システムを含めるのかは疑問です。というのも初めて3Gに対応したモデルこそ「iPhone 3G」でしたが、4G初対応モデルは「iPhone 5」、5G初対応モデルは「iPhone 12」として発売されるなど、直近の2モデルは製品名に通信システムは含めていません。

これまでの噂によると、第3世代のiPhone SEは現行モデルから画面サイズやデザインに変更はなく、最新のチップセットA15 Bionicを搭載し、最も安い5G対応モデルになると報じられています。

コメント

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています