iPhone SE4は新デザイン採用?6.1インチ、パンチホールの噂

bio
Yusuke Sakakura

iPhone SE4は新デザイン採用?6.1インチ、パンチホールの噂

Appleが来年前半に発売すると噂されている第3世代iPhone SE/iPhone SE3は、デザインや画面サイズ、指紋認証は変えず、チップセットの最新化や5G対応などのマイナーアップデートになると噂されている。

iPhone SEシリーズにビッグアップデートが来るのは2023年発売の第4世代iPhone SE/iPhone SE4になるかもしれない。

iPhone SE4にパンチホール搭載に違和感

ディスプレイアナリストのRoss Youngによると、2022年には4.7インチの液晶ディスプレイを採用し、5G(Sub-6)に対応したiPhone SE3が登場するという。

さらに、2023年には6.1インチの画面サイズで、凹ノッチではなくパンチホールを採用したiPhone SE4が登場するそうだ。

Ming-Chi KuoによればiPhoneにパンチホールが初めて採用されるのは2022年発売のiPhone 14シリーズになるという。次年の2023年に発売されるiPhone SE4にパンチホールディスプレイが採用されるのは一見、自然な流れに思えるが、iPhone SEシリーズは廃盤になったボディやディスプレイを流用して低価格で販売することが特徴のため、わずか数カ月後にパンチホールを採用するとは考えにくい。

今年秋に販売終了になるであろうiPhone XRのボディを流用して、6.1インチのディスプレイと顔認証に対応するのが妥当ではないだろうか。この場合、カメラはシングルレンズでデュアル化しないことになる。

Ross Youngは、昨年発売されたiPhone 12シリーズにリフレッシュレート120Hzのディスプレイが搭載されると噂されるなかでYoungは懐疑的な意見を示していた。また、発売日は10月以降になると報じるなど実績がある一方で、Pixel 5にリフレッシュレート120Hzのディスプレイが搭載されるとの予想を外している。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています