bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone Xの“切り欠き”、2018年の新型iPhone/iPadで小型化の噂

iPhoneの噂・最新情報

iPhone Xの“切り欠き”、2018年の新型iPhoneで小型化の噂

Image by iDropNews

ダサいと散々な評価の“切り欠き”ことセンサーハウジング。使ってみればスグに気にならなくなるが、購入前に拒絶反応を示す人は少なくない。

当初、この“切り欠き”は2019年に小型化されるとの噂があったが、1年も早まって今年発売される新型iPhoneで小さくなるかもしれない。

第2世代のTrueDepthカメラ、新型iPhone/iPadに搭載

iPhone X

Barclaysの3人アナリストが2018年に発売される新型iPhoneで第2世代となるTrueDepthカメラを搭載するとレポートした。

第2世代のTrueDepthカメラはわずかな進化に留まるようだが、不満の多い“切り欠き”が小型化されるようだ。第2世代のTrueDepthカメラは、有機ELディスプレイを搭載する5.8インチの「iPhone X」や6.5インチの「iPhone X Plus」だけでなく、性能を抑えて安価格で販売される6.1インチの液晶モデルといったすべての新型iPhoneと新型iPadに採用されるとのこと。

なお、KGI証券のアナリスト、Ming-Chi Kuoや韓国メディアなどは“切り欠き”の小型化は2019年になると報じている。Barclaysの予測も非常に高い精度を誇っているとは言えないが、できることなら早く小型化されて欲しい。

“切り欠き”が小型化されれば時間や電波強度、バッテリー残量などの表示スペースが拡大し、バッテリー残量を今よりもカンタンに確認できるなどメリットは非常に大きい。

2019年の新型iPhoneはTrueDepthカメラを背面に搭載

アニ文字

AppleはTrueDepthカメラを背面のメインカメラにも採用する準備を進めているようだが、風景などを撮影するメインカメラは自分の顔を撮影するフロントカメラに比べて広角であるため、顔を特定しにくいといった問題や赤外線照射による瞳への影響といった問題を抱えていて搭載時期は2019年になるとしている。

顔認証「Face ID」や「アニ文字」を実現したTrueDepthカメラを背面のカメラに採用することで「AR」の使い道が広がると米メディアのMacRumosは予想する。3D検出によって立体物をより正確に検出、マッピングできるかもしれない。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2018/12/17
LINE Pay(ラインペイ)の始め方 カードの使い方やチャージ、支払いまで全まとめ

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)の使い方 QRコード支払いや割り勘も

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)でチャージする方法 コンビニやATM・銀行振込でも

Apple Music

2018/12/15
Amazon Echoが「Apple Music」に対応。日本ではまだ
Recommendこんな記事も読まれています