bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • iPhoneの小ワザ、裏ワザ
  • 「iPhone X」でバッテリー残量をパーセント表示する方法
  • 「iPhone X」でバッテリー残量をパーセント表示する方法

    「iPhone」を使っている中で最も確認する回数が多いのがバッテリー残量/電池残量だ。ただし、購入した直後のiPhoneではバッテリー残量がアイコンで表示されるだけでどれぐらい電池が残っているかを把握しにくい。

    そこでiPhoneにはバッテリー残量をパーセント(%)で表示できるオプションも用意されているが、「iPhone X」ではステータスバーの表示領域が狭くなったことでバッテリー残量をパーセント表示できるオプションが削除されてしまった。

    この記事では「iPhone X」でバッテリー残量をパーセント表示する方法を解説する。

    バッテリー残量をパーセント表示する方法

    購入した直後など初期状態のiPhoneでは画面右上にバッテリー残量のアイコンのみが表示される。iPhone 7シリーズ以前のモデルでは設定から「バッテリー」に進んで「バッテリー残量(%)」のスイッチをオンにすることでアイコン左横にバッテリー残量がパーセント表示されたが、前述したとおり「iPhone X」では削除された。

    コントロールセンター

    同じ表示形式ではなく、少し手間もかかるが「iPhone X」でバッテリー残量をパーセント表示する方法もある。「iPhone X」でバッテリー残量をパーセント形式で確認するには画面右上を下方向にスワイプする。するとコントロールセンターが起動して画面右上にバッテリー残量がパーセント表示される。

    バッテリー残量をパーセント表示する方法
    コントロールセンターは画面右上から下にスワイプする

    これからは大体のバッテリー残量をアイコンで確認しつつ、電池が少なくなった時にコントロールセンターで電池残量を確認する、といった使い方になる。電池を大量に消費するゲームや動画視聴、電子書籍を読んでいる場面ですぐに残量を確認できないのは正直不便だが、今のところその他の方法はないため慣れるしかない。

    バッテリーウィジェット

    パーセント形式のバッテリー残量はホーム画面の一番左にある“今日の表示”のウィジェットで確認することもできる。

    バッテリー残量をパーセント表示で確認できるウィジェットを追加するにはホーム画面の一番左にある“今日の表示”にアクセスしたあと一番下にスクロールして「編集」をタップする。

    電池残量をパーセント表示できるウィジェットを追加する 電池残量をパーセント表示できるウィジェットを追加する
    ホーム画面の一番左にある“今日の表示”にアクセス

    バッテリーウィジェットの横にある「+」アイコンをタップ後、画面右の「≡」をドラッグして表示順序を調整したら画面右上の「完了」をタップする。

    電池残量をパーセント表示できるウィジェットを追加する 電池残量をパーセント表示できるウィジェットを追加する
    バッテリーウィジェットを追加する

    これで“今日の表示”から電池残量をパーセント表示で確認することができる。ただし、この方法はかなり手間がかかる。アプリの起動中はいちいちホーム画面に戻る必要があるためあまりオススメできない。コントロールセンターから確認する方法がベストだろう。

    バッテリー残量は色で確認することも

    iPhoneのバッテリーアイコンでも残量を確認することは可能だ。バッテリーのアイコンは電池残量に応じて中身が増減し、20%以下になるとアイコンが緑色から赤色に変化する。アイコンの残量が減ってきたり、色が変化したタイミングでコントロールセンターを起動してパーセンテージを確認するのが良いかもしれない。

    なお、電池残量が20%または10%以下になると、“バッテリー残量が少なくなっています”というアラートが表示され「低電力モード」の利用を促してくる。低電力モードをオンにすると、アイコンが黄色に変化し、バックグラウンドでの処理が制限され、さらに重要なタスクのパフォーマンスを調整することで電池の持ち時間を大幅に伸ばすことができる。

    バッテリー残量は色で確認することも バッテリー残量は色で確認することも
    アラートから「低電力モード」をオンにする

    低電力モードはアラートのほか設定から「バッテリー」を選択して「低電力モード」をオンにしたり、設定の「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」に進んで低電力モードを追加すれば、コントロールセンターからワンタップで低電力モードをオンにできる。なお、バッテリー残量が80%以上まで充電されると自動でオフになる。

    バッテリー残量は色で確認することも バッテリー残量は色で確認することも
    設定から「低電力モード」をオンにする
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhoneの小ワザ、裏ワザの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー