bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

LINE、京都市でキャッシュレス化を促進。年内にシェアバイクサービスも展開へ

LINE

LINE、京都市でキャッシュレス化を促進。年内にシェアバイクサービスも展開へ

12月10日、LINEが京都市と包括連携協定を締結したことを発表した。この協定によって京都市におけるキャッシュレス対応を促進させ、年内にシェアバイクサービスを展開するとしている。

公金のLINE Pay支払いも検討

LINEは京都市との連携協定を通じて以下のような取り組みを実施・検討していく。

  • AI時代に向けた次世代育成のための教育に関すること
  • 防災・減災に関すること
  • 観光振興に関すること
  • 自転車政策に関すること
  • 住民をはじめとする京都に関わる人々の利便性向上,課題解決及び消費購買活動の活性化に関すること

「観光振興に関すること」においては、キャッシュレス対応の促進が大きなトピックだ。京都市内の商店街および市の施設において、京都市協力のもとLINE Payによるキャッシュレス化を促進させ、利便性の高い購買活動を促進させるとのこと。さらに、「住民をはじめとする京都に関わる人々の利便性向上」において、公金におけるLINE Payを活用したキャッシュレス対応を検討するようだ。

「自転車政策に関すること」においては、京都市内で年内にシェアバイクを展開する予定。さらに、京都市が管理する駐輪場や駐車場においてLINE Payによるキャッシュレス化を検討するとしている。

LINEはシェアバイクサービスの提供元について詳細を明らかにしていないが、2017年に世界最大のシェアバイクサービス「mobike」との業務提携を発表。LINEは日本法人への出資や月間7000万人超のアクティブユーザーとの接点、LINE Payを使った決済、官公庁・自治体・企業と協力するための窓口を担うとしていた。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2020/09/29
ドコモ新社長、サブブランドについて「まだ何も考えていない」「慎重に検討」

NTTドコモ

2020/09/29
ドコモ完全子会社化で携帯料金の「値下げの余力が出てくる」と発言

NTTドコモ

2020/09/29
NTT、ドコモの完全子会社化を正式発表。年度内の完了を目指す

Android

2020/09/29
Google、Netflixなど独自課金による“Google税逃れ”を規制へ。猶予は1年間
Recommendこんな記事も読まれています