「LINE Pay」がLINEから独立。店舗検索・支払い特化の専用アプリ登場

bio
Yusuke Sakakura

「LINE Pay」がLINEから独立。店舗検索・支払い特化の専用アプリ登場

4月17日、モバイル決済・送金サービス「LINE Pay」がユーザーからの要望に応えてスマートフォン向けに専用アプリの提供を開始した。

現在、LINE PayはLINEのウォレットタブ内で利用できるが、LINE Payユーザーからは専用アプリの提供を求める声が多かった。

「LINE Pay」での支払いがさらに便利になる専用アプリ

LINE Payアプリは、LINE Payをもっと便利に使ってもらうため、そして新規ユーザーがよりカンタンにキャッシュレスを体験できるように開発されたアプリ。

これまではLINEのウォレットタブからLINE Payを利用する必要があったが、新たに提供されるLINE Payアプリではアプリを起動した直後に、QRコードとコードの読み取り画面が1つの画面に表示され、そのまま支払いができる。これまで必須だったパスワードの入力も不要*でレジでもたつかずスムーズに支払いできる。

30万円/日以上の決済時にはパスワードの入力が必須。アプリの起動時にパスワードを入力するよう設定を変更することも可能。

決済に加えて地図上でLINE Payの対応店舗*を検索・確認できる機能を搭載。そのままQRコードを表示してそのまま支払いもできる。アプリではおトクなクーポンを確認してカンタンに適用できるため、LINE Payを使ってよりオトクに支払うことも可能だ。

現在はQRコード決済に対応した店舗のみ。QUICPay対応店舗も掲載予定。LINE Payカードの対応店舗は検討中。

LINE Payアプリの決済時には支払いが完了したかを確認できる決済の通知音として「ラインペイ!」と鳴る。通知音と同時にLINEの人気キャラクターが登場するアニメーションも表示されるが、LINE Payアンバサダーの今田美桜さんは思わず「かわいい!」と声をあげていた。

LINE Payアプリの提供後もこれまでどおりLINEアプリでLINE Payの機能を利用できるため、LINEアプリからすぐに利用できるLINE Payの手軽さはこれまでと変わらない。なお、LINE Payアプリにはチャージ機能が備わっていないため、オートチャージを利用していないのであれば、これまでどおりLINEアプリからチャージすることになる。

LINE Payアプリは今日からGoogle PlayでAndroid版がダウンロードできる。iOS版は近日配信予定だ。

ちなみに、LINE Payではあす4月18日から平成最後の還元祭「超Payトク祭り」が実施され、LINE Payアプリで1度でも支払うと還元上限額が5,000円から2倍の10,000円に引き上げられる。

決済に特化したLINE Payアプリが登場
レジでサッと出せるコード画面
使えるお店がカンタンに見つかるマップ機能
スマホ決済を使わない理由を解消するアプリ
18日からスタートする超Payトク祭りで使うとおトクに
提示するコードとスキャン画面が1つに
地図からLINE Pay対応店舗がすぐに探せる〜1
地図からLINE Pay対応店舗がすぐに探せる〜2
取得したクーポンもカンタンに確認
おすすめのクーポンも探せる
使えるお店の確認も
なぞのNFC決済画面も・・・?
previous arrow
next arrow
 
決済に特化したLINE Payアプリが登場
レジでサッと出せるコード画面
使えるお店がカンタンに見つかるマップ機能
スマホ決済を使わない理由を解消するアプリ
18日からスタートする超Payトク祭りで使うとおトクに
提示するコードとスキャン画面が1つに
地図からLINE Pay対応店舗がすぐに探せる〜1
地図からLINE Pay対応店舗がすぐに探せる〜2
取得したクーポンもカンタンに確認
おすすめのクーポンも探せる
使えるお店の確認も
なぞのNFC決済画面も・・・?
previous arrow
next arrow

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています