LINE PayがApple Payに対応。設定方法や使い方を解説

bio
Yusuke Sakakura

LINE PayがApple Payに対応。設定方法や使い方を解説

12月22日、LINE PayがApple Payに対応しました。これによりiPhoneやApple WatchをタッチするだけでLINE Payの残高を使って支払いが可能に。

LINE Payでは、2018年にQUICPayと提携してLINE Payでもタッチ決済が可能になりましたが、利用できるのはAndroidのみでした。

この記事では、LINE PayをApple Payで使う方法、設定方法を画像付きでわかりやすく解説します。

国内121万箇所以上の店舗でLINE Payでタッチ決済可能に

国内121万箇所以上の店舗でLINE Payでタッチ決済可能に

LINEアプリからワンタップで発行できる「Visa LINE Pay プリペイドカード」の提供開始に伴い、LINE PayがApple Payに対応しました。

LINEアプリからVisa LINE Pay プリペイドカードを発行することでVisa加盟店でのオンラインショッピング可能に。さらに、Visa LINE Pay プリペイドカードをApple Payに設定することで国内121万箇所以上の店舗に設置されたID端末に、iPhoneやApple WatchをかざすだけでLINE Pay残高での支払いが可能になります。

年会費や発行手数料は無料。有効期限は5年。年齢制限はありません(未成年は親権者などの同意が必要)。なお、利用するにはiOS 13.0以降のiPhoneが必要。Androidの決済プラットフォームGoogle Payについては対応中と案内されています。

Apple PayにLINE Payを設定・追加する

1LINEからLINE Payを起動する

LINEのウォレットタブで「設定する」をタップする

LINEからLINE Payを起動する

2パスワードを入力

LINE Payに設定した8桁のパスワードを入力する

パスワードを入力

3LINE Payでタッチ決済をはじめる

説明を読んで「はじめる」ボタンをタップする

LINE Payでタッチ決済をはじめる

4バーチャルカードを発行する

“バーチャルカードを発行し、Apple Payに設定します”が表示されたら「確認」をタップ

バーチャルカードを発行する

5さらに「確認」をタップ

利用規約の同意が求められるので「確認」をタップします

さらに「確認」をタップ

6利用規約に同意する

Visa LINE Payプリペイドカード利用規約にチェックを入れて「同意します」をタップ

利用規約に同意する

7パスワードを入力

LINE Payに設定した8桁のパスワードを入力する

パスワードを入力

8Apple Payにカードを追加する

LINE Payのタッチ決済を利用するiPhoneまたはApple Watchを選択

Apple Payにカードを追加する

9次へをタップ

追加するLINE Payカードを確認して画面右上の「次へ」をタップ

次へをタップ

10利用規約に同意する

Apple Payの利用規約を確認して画面右下の「同意する」をタップ

利用規約に同意する

11Walletに追加されたら完了をタップ

Walletに追加されたら「完了」をタップ

Walletに追加されたら完了をタップ

12メインカードに設定する

LINE Payをメインカードに設定する場合は「メインカードとして使用」をタップ

メインカードに設定する

13Apple Payの設定が完了

“Apple Payへの設定が完了しました”が表示されたら完了

Apple Payの設定が完了

LINE Payのタッチ決済で支払う

LINE Payのタッチ決済で支払う

Apple Payに追加したLINE Payで支払う場合は、レジで「支払いはiDで」と伝えたあと、サイドボタン(電源ボタン)を2回押してApple Payを起動後、LINE Payを選択して支払います。

第2世代の新しいiPhone SEなどホームボタンのあるiPhoneではホームボタンを2回押してApple Payを起動しましょう。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています