bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

LINE Pay、コード支払いのポイント還元率を最大5%に。10万円の制限撤廃も

LINE Pay

LINE Pay、コード決済のポイント還元率を最大5%に。10万円の制限撤廃も

LINEが6月28日に開催した「LINE CONFERENCE 2018」でLINE Payのコード支払いを普及させるための施策を発表した。

これにより、LINE Payのコード支払いではポイント還元率が最大5%になり、上限10万円の制限も撤廃される。

コード支払いが最もおトクな支払い方法に

LINE Payでは今月から新しいプログラム「マイカラー」がスタートしている。1ヶ月間のLINE Payにおける支払い額に応じてポイント還元率が4段階(ホワイト→レッド→ブルー→グリーン)で変化するプログラムだ。

マイカラープログラム

LINEはウォレット化、キャッシュレス化を進めるためにコード支払いがLINE Payサービスの中で最もおトクな支払い方法になるように優遇する。

優遇内容はコード支払いを利用する場合、10万円の利用上限を完全撤廃。さらに、2018年8月から2019年9月までの1年間、コード支払いに限ってLINEポイントの還元率に3%を上乗せして付与する。

これにより、ポイント還元が0%だったホワイトバッジのユーザーでも3%のポイント還元が受けられる。最上級のグリーンバッジの場合は5%のポイント還元となる。

店舗側は3年間コストゼロでLINE Payコード決済を導入可能に

現時点ではLINE Payのコード決済が利用できる店舗は多いとは言えない。LINEはその原因が店舗側が負担するコストにあると説明し、無料アプリをダウンロードするだけでLINE Payのコード決済を気軽に導入できる「LINE Pay 店舗用アプリ」を提供すると発表した。同アプリでは店舗用アカウントと繋がったユーザーにキャンペーンの案内やクーポンを送付できるなどメッセージ配信機能も利用可能だ。

さらに、2018年8月1日から2021年7月31日までの3年間、電子決済利用の際に店舗側が負担する決済手数料を無料化(LINE Pay店舗用アプリの利用に限る)する。これにより店舗側は3年間QRコード決済を初期費用ゼロ、ランニングコストの手数料もゼロで利用できる。

LINEはキャッシュレス・ウォレットレスに関するユーザーと店舗が抱える悩みや問題を解決することで一気に普及させていくようだ。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Kindleセール情報

2018/11/20
2ヶ月で99円、コミック・雑誌も読み放題の「Kindle Unlimited」キャンペーン

スマホアプリ

2018/11/20
iOS版「Googleフォト」で背景ぼかしの位置・ぼけ量の調整が可能に

スマホアプリ

2018/11/20
人気メニューが半額「Uber Eats」で期間限定キャンペーン

インスタグラム

2018/11/20
インスタグラム、機械学習で偽のいいね・コメント・フォロワーを削除へ
Recommendこんな記事も読まれています