LINE Pay、「マイカラー」を8月に変更。判定基準を公開、ポイント付与の上限決済額を大幅引き上げ

Yusuke Sakakura

LINE Pay、マイカラーを8月にアップグレード。判定基準を公開、ポイント付与の上限決済額を100万円に引き上げ

LINE Payは、6月に開催した「LINE CONFERENCE 2018」で発表したとおり、8月1日からポイント還元率を決定するインセンティブプログラム「マイカラー」のアップグレードを実施すると発表した。

なお、マイカラーのアップグレードに伴い判定基準が相対評価から絶対評価に変更され、判定基準も公開されている。

ポイント付与対象の決済金額は上限100万円に

LINE Pay、マイカラーを8月にアップグレード。判定基準を公開、ポイント付与の上限決済額を100万円に引き上げ

変更後のインセンティブプログラム「マイカラー」では、本人確認を行わなくてもLINE Payの利用登録を行うだけでホワイトバッジが付与され、ポイント付与率はホワイトが0%→0.5%、レッドが0.5%→0.8%に引き上げられる。

また、バッジカラーの判定基準とポイント付与の対象として、LINE Pay残高を利用した決済に加えて、連携したクレジットカードでの決済も対象になり、ポイント付与対象となる決済金額が上限10万円/月から100万円/月に引き上げられる。

期間限定のキャンペーンとして8月1日から7月31日までの間、ポイント付与決済金額100万円の上限内で、QR/コード支払いを利用した場合には「マイカラー」で決まったポイント付与率に3%が上乗せされる。

変更後のカラー判定基準

最もインパクトが大きいのがカラー判定基準の変更だ。これまでは“全ユーザーと個人ユーザーのLINE Payサービスの利用度合いを相対的に判断”する相対評価となっていたが、8月1日からは「決済金額」と「送金利用」で判定される絶対評価になる。ちなみに、これまでは送金機能をほとんど利用していないにも関わらずグリーン対象だったので、送金利用は新しい判定基準として追加されたものと思われる。なお、ポイント付与の対象とバッジカラーの判定基準になる“LINE Pay残高を利用した決済”に送金は含まれない。

ポイント還元率決済金額送金
グリーン2%10万円/月月間5人以上
ブルー1%5万円〜9万9,999円月間3人以上
レッド0.8%1万円〜4万9,999円月間1人以上
ホワイト0.5%0円〜9,999円なし

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Latest新着記事

Twitter

2021/05/06
新着記事
Twitter、ようやく縦長画像に対応。縦長にならない原因は?

Twitter

2021/05/05
Twitter、広告ブロックサービス「Scroll」買収。自社サブスクで提供へ

Pixelの噂・最新情報

2021/05/05
新型フルワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」を誤ってGoogleが発表→削除

Android

2021/05/04
Android、2021年5月のセキュリティアップデート配信開始
Recommendこんな記事も読まれています