bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

LINE Pay、オリジナル決済デバイスの月額料金は1,500円・6ヶ月間は無料に。申込受付スタート

LINE Pay

LINE Pay、オリジナル決済デバイスを申込受付を開始。月額料金は1,500円・最大約3年間無料に

LINE Payが今年7月に発表した中小店舗向けのオリジナル決済デバイス「LINE Pay 据置端末」の申込受付を開始し、端末利用料などの詳細を発表した。

LINE Pay据置端末は、来店者がLINE Payで支払いできる加盟店舗であることをひと目で確認できるデザインの決済デバイス。導入する店舗はPOSレジの改修や店舗用のスマートフォン、QRコードの貼りだしなどすべて不要でLINE PayのQRコード決済を導入できる。

端末利用料は6ヶ月無料、決済手数料は21年7月末まで無料に

「LINE Pay 据置端末」を利用するには月額1,500円(税別)の端末利用料が必要になる。決済手数料は利用金額の2.45%(税別)

申込開始と共に2つのスタートキャンペーンが実施され、2018年内に申し込むとLINE Payが端末を発送した翌月から6ヶ月間の端末利用料が無料になる。決済手数料は利用開始月から2021年7月31日まで無料で利用できる。

なお、LINE PayのQRコード決済だけでなくNFCによる決済にも対応するが、現時点では台湾でのみ利用可能。日本での展開は未定としている。

コストを理由にキャッシュレス化できない中小店舗向けの決済デバイス

日本国内のキャッシュレス決済率は18.4%と非常に低く、決済率トップの韓国(89.1%)やアメリカに大きく離され、インドの半分にも満たない状況にある。日本政府は2025年までにキャッシュレス決済率を40%に引き上げる「キャッシュレス・ビジョン」を掲げ、キャッシュレス化を促進させる方針を発表。2019年10月には消費税が8%から10%に引き上げられるが、キャッシュレスで決済する場合は2%のポイント還元が検討されている。

日本のキャッシュレス化が進まない理由のひとつは「コスト」にあり、多額の費用がかかるPOSレジの改修に手が出せない中小店舗のキャッシュレス化が進んでいない。

LINE Payはそういった中小店舗向けに、POSレジの改修が不要・店舗用のスマートフォンも用意する必要がなく、設置するだけでLINE PayのQRコード決済が利用できる「LINE Pay 据置端末」を提供することでキャッシュレス化を進めていく。

サイズ95 × 80 × 155mm
重さ約430g
ディスプレイ2.4インチ|TFT-LCD(320 x 240)|モノクロ表示
バッテリー7,800mAh|最長30時間持続

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ニュース

2019/05/22
Uber Eats、月額9.99ドルで配送料無料のサブスクを準備中か

ニュース

2019/05/22
更新:ファーウェイ、スマホ向け独自OSを開発か。名前は「HongMeng OS」?

au

2019/05/22
HUAWEI P30 lite / Proの発売日が延期に(ドコモ、au、ワイモバイル、UQ)

未分類

2019/05/22
300億円祭でLINE Payボーナスが届かない?付与に遅れが発生
Recommendこんな記事も読まれています