メルカリが配送料値上げ。手数料半額のPayPayフリマと比較

bio
Yusuke Sakakura公開日:2022/05/16 18:48

メルカリが配送料値上げ。手数料半額のPayPayフリマと比較

メルカリが配送サービス「メルカリ便」の配送料値上げを発表しました。値上げは6月16日正午からスタートします。

メルカリは配送料の値上げについて「物価上昇などの社会情勢を総合的に鑑みた結果、メルカリ便配送サービスを継続しつつ、お客さま体験を一層良くしていく」と説明しています。

ネコポスは175円→210円に値上げ

「メルカリ便」は、もしものときのあんしん配送補償や、匿名配送など、メルカリをよりかんたん・あんしんに使える配送サービス。

ヤマト運輸と連携した「らくらくメルカリ便」、ヤマトホームコンビニエンスと連携した「梱包・発送たのメル便」や「クールメルカリ便」、日本郵便と連携した「ゆうゆうメルカリ便」を利用できます。

購入時間が2022年6月16日 午前11:59:59以前は、値上げ前の料金が適用されますが、購入時間が2022年6月16日 午後00:00(正午)以降は、新料金が適用されます。発送時期によって料金が変わることはありません。

値上げ前後の料金は以下のとおりです。

メルカリの配送料

メルカリの配送料

メルカリShopsの配送料

メルカリShopsの配送料

メルカリ配送料の値上げで注目が集まっているのがPayPayフリマです。

メルカリに比べてユーザー数が少ないものの配送料が安く、対応するゆうパックのサイズが豊富。販売手数料10%のメルカリに対して、PayPayフリマは半分の5%、出品者に対して質問形式での価格交渉が禁止されており、交渉機能を利用することでシステム上でやりとり可能です。

PayPayフリマの配送料

PayPayフリマの配送料

コメント

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています