PASMO、10月6日からiPhoneで利用可能に

bio
Yusuke Sakakura

PASMO、10月6日からiPhoneで利用可能に

PASMO協議会はApple PayのPASMOが10月6日より利用可能になると発表した。

今年3月にサービスを開始した「モバイルPASMO」はAndroidのみ対応。iPhoneやApple WatchではPASMOを利用できない状態が続いていたが数日以内にサービスを開始する。

サービス内容は開始日に発表へ

Androidで利用できる「モバイルPASMO」は、アプリストアから専用アプリをダウンロードするだけで、従来のカード式PASMOと同様に、電車やバスの交通利用に加えて電子マネーで買い物、残高や履歴の確認ができるサービス。

利用にあたって会員登録は不要。会員登録してクレジットカードを登録すると場所を選ばずに定期券の購入・払い戻しやチャージしたり、スマートフォンを紛失・故障した場合でもカンタンな手続きで再発行も可能になる。オートチャージには対応のクレジットカードが必要になる。

モバイルSuicaでは、利用区間内に利用区間内にJR東日本の駅がない場合は定期券を購入することができなかったため登場が待ち望まれていた。

Apple Payに対応したPASMOのサービス内容や開始日についてはサービス開始日にお知らせすると案内している。モバイルPASMOと同じ内容のサービスになるかは現時点ではわからない。

PASMO 協議会は、2020 年 10 月 6 日より Apple Pay™の PASMO をご利用いただけるようにいたしま す。
お手持ちの iPhone や Apple Watch で交通系 IC カード PASMO と同様に、電車やバスの交通利用や電子マネーでお買い物ができるようになり、ますます便利に PASMO をご利用いただけるようになります。
サービスの内容や詳細はサービス開始日にお知らせいたします。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています