モバイルSuicaが3月リニューアル。iPhoneからAndroidへの移行可能に

キャッシュレス

モバイルSuicaが3月リニューアル。iPhoneからAndroidへの移行可能に

JR東日本が「モバイルSuica」(App Store / Google Play)をリニューアルすると発表した。リニューアルによってAndroid版では画面デザインが改善され、スマートフォン仕様の新しいアプリになる。

モバイルSuicaはスマートフォンを操作するだけで、駅の窓口や券売機に立ち寄ることなく電車やバスに乗車でき、キャッシュレスで買い物もできるサービス。リニューアルはAndroid版を中心にしたもので3月21日に実施される。

モバイルSuicaとモバイルPASMOの使い分けも可能に

3月に実施されるモバイルSuicaのリニューアル内容は以下のとおり。

Android版iOS版
複数枚のSuicaを発行対応済み
定期券購入時の経路表示を改善
タッチでGO!新幹線の利用開始登録
Google Payによる決済対応
異なるOSの端末へのSuica移行対応済み
お知らせ機能の充実
プッシュ通知、バナー通知

なかでも「異なるOSの端末へのSuica移行」は注目のアップデート。これまではAndroidからiPhoneにSuicaを移行することは可能だったが、iPhoneからAndroidへのSuicaの移行はできなかった。

加えてAndroid版では、モバイルSuicaアプリとおサイフケータイアプリの連携を必須にすることで、同じ端末でモバイルSuicaとモバイルPASMOの使い分けが可能になる。

さらに、機種変更などでモバイルSuicaを別のスマートフォンに移行する場合、これまでは旧端末でSuicaを一度サーバーに退避してから新端末でSuicaを受け取る必要があったが、リニューアル後はおサイフケータイアプリでカンタンに行えるとのこと。

Android版のリニューアル後のデザイン
Android版のリニューアル後のデザイン

リニューアルに伴い、3月20日午前11時ごろ ~ 3月21日午前7時ごろまでモバイルSuicaのサービスが停止する。一時停止中はログインが必要なすべてのサービスが利用できなくなるため注意が必要。チャージ済みの残高利用やチャージ(アプリからの入金は不可)、購入済みの定期券、グリーン券などは利用できる。

サービス再開後、モバイルSuicaアプリを利用するにはiOS、Android共にアプリのアップデートが必要。Androidの場合はおサイフケータイアプリのダウンロードと連携(特別な操作や手続きは不要)も必要になる。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

セール

2021/04/10
5,000円オフ+カバーも無料、Fire HD 10 タブレットがセール

Pixelの噂・最新情報

2021/04/10
Pixel 5a 5Gの発売日は8月〜9月。発売中止をGoogleが否定

iPhoneの噂・最新情報

2021/04/09
iPhone 13、リフレッシュレート120Hzでも電池長持ち?

Amazon

2021/04/09
Amazonプライムデー、2021年6月に開催か
Recommendこんな記事も読まれています