bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

新型iPhone、2020年にノッチ廃止・穴あきディスプレイ採用の噂

iPhoneの噂・最新情報

新型iPhone、2020年にノッチ廃止・穴あきディスプレイ採用の噂

Image: Galaxy A8s

2017年に「iPhone X」が発売されて以来、多くのスマートフォンが“ノッチ”と呼ばれる凹型ディスプレイの採用を始めた。

ボディに対する画面の割合を示す画面占有率を大きくすることで、より深い没入感と迫力のある映像が楽しめるが、デザイン的に美しくないと不満の声も少なくない。

そこでスマートフォンメーカーはフロントカメラだけを残した穴あき型のディスプレイを開発。Samsungが「Galaxy A8s」、HUAWEIが「Honor View 20」として発表しているが、Appleも2020年に発売する新型iPhoneで採用するかもしれない。

2019年の新型iPhoneはノッチ継続

リーカーのIce universe (@UniverseIce)によると、Appleが2019年に発売する新型iPhoneについてはノッチが引き続き採用されるものの、2020年に発売されるモデルでは穴あきの画面ーーいわゆるパンチホール付きディスプレイが採用されるとのこと。

Ice universeは今年発売された3機種のiPhoneが発表される2ヶ月も前に保護フィルムまたはガラスカバーの画像を公開していた実績がある。一方で年内発売が確実と報じていた新型「AirPods」についてはいまだ発売されておらず、残りの日数を考えても年内発売の可能性は低い。同氏が報じる噂の信憑性が突出して高いものではないことは頭に入れておいた方が良い。

以下の画像はBen Geskin(@VenyaGeskin1)によるパンチホール付きディスプレイを採用したiPhoneのコンセプトイメージだ。レンズが2眼になっているが1つはフロントカメラでもう1つは顔認証「Face ID」用とみられる。

なお、2019年に発売される新型iPhoneは、今年と同じ3種類のラインナップでLightningからUSB-Cへの移行や赤外線カメラとフロントカメラを一体化させることでノッチが小型化される可能性があると噂されている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

HUAWEIの噂・最新情報

2019/03/27
HUAWEI P30/P30 Proの新機能・スペック・価格・発売日まとめ

Appleニュース

2019/03/26
「Apple Card」、米国外での提供を示唆

Appleニュース

2019/03/26
3分で読めるAppleの新サービスまとめ〜News+、Arcade、Card、TV+

Appleニュース

2019/03/26
「Apple TV」アプリがFire TVとMacにやって来る
Recommendこんな記事も読まれています