Pixel 4a、ブラックとブルーの存在が仏・小売店で確認される

bio
Yusuke Sakakura

Pixel 4a、ブラックとブルーの存在が仏・小売店で確認される

Credit: PigTou

すでにスペックが丸裸にされていながら発売日や発表日がよくわかっていないGoogleの低価格スマートフォン「Pixel 4a」

新色ブルーはシステムから完全に削除されて発売は中止になったとも報じられていたが、フランスの小売店でJust BlackとBlueの存在が確認された。

プレースホルダーの可能性も

フランスのOrdimediaeStock.frにPixel 4aが掲載されていることをRedditユーザーが発見している。

両方の小売店に掲載されているのはGA02099-FRとGA02101-FRの2機種。製品名はPixel 4aで128GBのストレージ、Just BlackとBlueの2色の存在が確認できる。

Pixel 4a、ブラックとブルーの存在が仏・小売店で確認される

ただし、Pixel 4aのラインナップからブルーが削除されたという噂を強く否定するものではなくただのプレースホルダーの可能性も高い。9to5Googleは複数の注意すべき点があると指摘する。

1つはまだ発表すらされていないにも関わらず配達予定日が2020年7月7日、到着予定日が8〜12営業日以内と掲載されている。

販売価格も441.65ユーロまたは509.56ユーロとなっているが、昨年発売されたPixel 3aが399ユーロであったことを考えると仮置きの可能性がさらに高まる。

これまでの噂によるとGoogleは7月13日にPixel 4aを発表するという。5G非対応のSnapdragon 730と6GBのメモリを搭載し、新デザインの5.81インチ/パンチホールディスプレイ、12.2メガピクセルのシングルレンズカメラ、イヤホン端子、3,080mAhのバッテリーを搭載するようだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています