ポケモンGO、Apple Watchのサポート終了を発表

bio
Yusuke Sakakura

ポケモンGO、Apple Watchのサポート終了を発表

ポケモンGOがApple Watchのサポートを終了すると発表した。2019年7月1日以降はApple WatchからポケモンGOにアクセスできなくなる。

代わりの機能は「いつでも冒険モード」

サポートページではApple Watchのサポート終了に関して「いつでも冒険モード」の存在を理由にあげている。同モードは、バッテリーに大きな影響を与えることなく、アプリを閉じていても移動距離を記録できる機能。相棒のポケモンがアメを獲得したり、タマゴを孵化させることができる。また、ボーナスとして1週間の移動距離が目標値に達するとリワードを獲得できる。

さらに、プッシュ通知をオンにすることで、相棒のポケモンがアメを見つけたときや、タマゴが孵化しそうなときに通知が届く。

ポケモンGOでは、2016年12月にリリースしたバージョン1.21.2でApple Watchのサポートを開始。iPhoneを取り出すことなく、近くに出現しているポケモンを確認したり、近くのポケストップからどうぐをゲットすることができるほか、歩数を記録することで相棒に設定したポケモンがアメを見つけてくれたり、ポケモンのタマゴをかえすことができた。ポケストップからモンスターボールをゲットできるなど「いつでも冒険モード」に比べて使える機能は多かったためにサポート終了は残念だ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています