Samsung、3世代のOSアップデート保証を発表

bio
Yusuke Sakakura

Samsung、3世代のOSアップデート保証を発表

Samsungが8月5日のビッグイベントで発表したのは「Galaxy Note20」シリーズや「Galaxy Z Fold2」などの新製品だけではなかった。

同社はGalaxyスマートフォンなど既存の製品も含めてOSアップデートの提供を3世代まで保証することを発表した。

3年間ではない“3世代”のアップデート保証

Samsungはこれまで2年間のOSアップデートを保証するとアナウンスしていたが、新たに3世代のOSアップデートを保証することを明言した。

ただし注意点も多い。1つは3世代の定義が曖昧だということ。良心的であれば3年間のOSアップデートを保証するということになるが敢えて「3世代」と言った。もしかするとAndroid 10→Android 11→Android 11.5→Android 12で早期終了する可能性がある。

もう1つはデバイスや地域によって対応が異なること。イベントの映像には小さくGalaxy S10以降のモデルが対象と書かれていた。また、The Vergeに対して「Galaxy S/Note/Zシリーズに(アップデート保証が)適用される。Aシリーズはハードウェアが許す限りサポートする」と答えたようだ。

日本で3世代のアップデート保証を行うにはキャリアとの協力も必要になるはず。過度な期待はできないがそれなりの対応は期待したい。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています