bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

日本国内のApp Storeでも広告を表示。「Search Ads」が提供開始

Appleニュース

日本国内のApp Storeでも広告を表示。「Search Ads」が提供開始

7月26日、Appleが日本国内のApp Storeで「Search Ads」の提供を開始すると発表した。

「Search Ads」は、App Storeで展開されるモバイル広告プラットフォームで、開発者は検索ワードに応じてアプリの広告を最も目立つApp Store検索画面の一番上に表示することができる。

“強い関心を持った質の高いユーザーを、最も低コストで獲得できる”

Search Adsが有効になったApp Storeでは「写真のフィルタ」などのワードを入力して検索をすると、画面の最上部に広告が表示されるようになる。もちろん非広告のコンテンツと広告で表示されたコンテンツがすぐに見分けがつくように水色の背景で表示され、広告を示す「Ad」のラベルが表示される。広告は8月2日午前8時から表示される予定だ。

Search Ads

Appleによれば、検索結果からダウンロードされる割合は65%で、Search Adsの平均コンバージョン率は50%とのこと。他の広告プラットフォームと比較した数値としては、40%のコスト削減率と30%の平均収益成長率(ユーザー一人あたり)を示しており、“強い関心を持った質の高いユーザーを、最も低コストで獲得できる”という。

Search Adsの広告プランは「Basic」と「Advanced」の2種類。

広告を出したいアプリを選択して月単位で予算を入力するだけでカンタンにSearch Adsを導入でき、見やすいダッシュボードで広告を管理できる「Basic」に対して、「Advanced」では広告を表示する検索ワードを指定したり、ユーザーへのターゲティング、優れたフィルタリング、スケジュール設定も可能だ。

なお、Basicはインストールした時に費用が発生し、Advancedは広告をタップした時に費用が発生する。日本では本日からAdvancedの提供が開始され、Basicは8月23日から提供となる。

Search Adsは、2016年10月にサービス開始。まずはアメリカで展開され、その後、イギリス・スイス・カナダ・メキシコ・オーストラリアなどの国に拡大し、ようやく日本や韓国・フランス・イタリア・ドイツ・スペインでも利用可能になった。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE MUSIC

2019/06/27
LINE MUSIC、無料ですべての曲をフル再生できる「ONE PLAY」を年内に提供

LINE

2019/06/27
LINEスタンプのサブスク登場。クリエイターズスタンプが月額240円で使い放題に

キャッシュレス

2019/06/27
ファミマ、独自スマホ決済「FamiPay」を7月開始〜15%還元キャンペーンも

Googleニュース

2019/06/27
Google、アプリの履歴・位置情報など自動削除できる新機能を公開
Recommendこんな記事も読まれています