ソフトバンク、ついにeSIMの提供開始。iPhoneとPixelのみ

bio
Yusuke Sakakura

ソフトバンク、ついにeSIMの提供開始。iPhoneとPixelのみ

7月14日、ソフトバンクがスマートフォン向け料金サービスにおいてeSIM(embedded Subscriber Identity Module)の提供を開始すると発表した。

eSIMを利用するには対応機種が必要。現時点で動作確認済み機種はAppleのiPhoneとGoogleのPixelスマートフォンのみと案内されている。

ソフトバンクブランドでもeSIMの利用が可能に

eSIMは通信サービスに必要な加入者識別情報(プロファイル)をスマートフォンなどに遠隔で書き込める組み込み式のSIMで、専用のQRコードなどをスキャンしてプロファイルをダウンロードすることで手軽に通信サービスを利用できる。

ソフトバンクオンラインショップでeSIMを新規契約する場合、eKYCによるオンライン本人確認システムを選択すると申込後にUSIMカード(物理SIM)の到着を待つ必要なく最短1時間でスムーズに利用を開始できるとのこと。

新たにeSIMが加わったことで、ソフトバンクではeSIMとUSIMカードのいずれかを選べるようになった。すでに契約しているユーザーはメリハリ無制限、ミニフィットプラン+、スマホデビュープランへの加入および機種変更の手続きによって店頭でeSIMへの切り替えができる。

ソフトバンクはオンライン専用ブランドの「LINEMO」にてeSIMを先行提供していた。現時点でドコモは一部機種でeSIMを提供中。KDDIはオンライン専用ブランドのpovoでeSIMを提供している。

動作確認済み機種は以下のとおり。なお、Y!mobileやUQ mobile、楽天モバイルが発売するiPhone、Google以外が販売するPixelスマートフォンについては“現在、対応の機種はありません”と案内されている。

通話SMSデータ
iPhone 12シリーズ
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11シリーズ
iPhone XR / XS / XS Max
Pixel 5
Pixel 4a / 4a (5G)
Pixel 4 / 4 XL

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています