bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ソフトバンク、2015年内にAndroid搭載ガラケー「ガラホ」を発売か

NTTドコモとauが2015年夏モデルの発表を開催し、デザインなど形は従来の携帯電話――いわゆるガラケーながら、OSにスマートフォン向けのAndroidを搭載した「ガラホ」が発表されました。

ソフトバンクモバイルについては、2015年夏モデルの発表を行っていませんが、年内にも「ガラホ」を投入することがわかりました。

ソフトバンク

ソフトバンクモバイルが「ガラホ」を2015年内にも発表へ

NHKニュースによれば、ソフトバンクモバイルもドコモとauが発表した「ガラホ」と同様の機種を年内にも投入するとのこと。

さらに、ソフトバンクも年内には同じような製品を投入するとしており、国内市場では当面、こうしたいわば「新しいガラケー」が一定の地位を占めそうです。

引用元:「スマホに近いガラケー」 相次ぎ投入へ NHKニュース

今年2月に開催された決算説明会にて孫正義氏は、ガラケーの出荷台数が2014年とくらべて約5%増になっていることを聞かれると、ガラケーの出荷台数が増えているのは一時的なもので、スマホの方がもっと増えていくと回答。

一方、スマホを欲しくないというお客さんもいて、そういう人たちを今後も大切にしていきたいとも答えていました。

ソフトバンクが投入する「ガラホ」はどういった端末になる?

ドコモとauから発表されたガラホは、性能および仕様が大きく異なっており、auが「他社さんはガラケーの中身がAndroidだが、auは両者の良いところを組み合わせた端末」と答えたとおり、各社の方針は全く異なっています。

ソフトバンク、2015年内にAndroid搭載ガラケー「ガラホ」を発売か

auの2015年夏モデルのガラホ「AQUOS K SHF32」

例えば、auのガラホでは、高速なデータ通信サービス「LTE」でテザリングが使えるといったメリットがありますが、ドコモの場合は、対応する通信規格は3Gのみ、テザリングやおサイフケータイは利用できない。さらに、一部の端末ではGPSにも対応しないという端末になっています。

auについては、割高だった料金プランに加えて、ガラケーと変わらない新料金プランを投入するなど、スマホを欲しくない顧客に向けて、ガラケーやスマホの代わりになるガラホを提供していくという方針ですが、ドコモについては、まだ2機種を投入したばかりですが、おサイフケータイやテザリング、一部端末がGPSに非対応というところを見ると、スマートフォンへの移行を進めていくためのガラホを提供する方針と受け取ることもできます。

ソフトバンク、2015年内にAndroid搭載ガラケー「ガラホ」を発売か

ドコモの2015年夏モデルのガラホ「AQUOSケータイ SH-06G」

「一時的なもの」とコメントしたソフトバンクモバイルが投入するガラホはどういったものになるのか注目したいと思います。

ソフトバンクモバイルは5月19日に記者向けの発表会を行い、その場で新機種の発表を行うことが予想されますが、未発表端末の認証状況を見る限り、2015年夏モデルとしてガラホが発表される可能性は低いものと思われます。

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iOS

2018/05/26
iOS 12、NFCを大幅拡張か。開発者に非接触機能を開放へ

Kindleセール情報

2018/05/26
50%ポイント還元、Kindleストアで「PHP研究所キャンペーン」が開催中

Kindleセール情報

2018/05/26
半額、Kindleストアでいま欲しい「Webデザイン・Web技法書」セールが開催中

ソフトバンク

2018/05/25
ソフトバンク、3段階の新しい料金プランを発表。通話料込みで1GB・月額1,980円から
Recommendこんな記事も読まれています