ソフトバンク、“2年だけ縛り”の新料金プランを発表

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2016/03/16 16:52

ソフトバンク、“2年だけ縛り”の新料金プランを発表

ソフトバンクは、3年目以降は、いつ解約しても契約解除料のかからない新料金プラン「新しい2年契約プラン」を2016年6月1日より提供を開始すると発表しました。

月額300円割高な新料金プランを発表

新しい2年契約プランは、「スマ放題」の基本プランである「通話し放題プラン」と「通話し放題プラン(ケータイ)」、「スマ放題ライト」の基本プランである「通話し放題ライトプラン」の3プランが提供されます。

月額料金は、「通話し放題プラン」が月額3,000円。「通話し放題プラン(ケータイ)」が月額2,500円。「通話し放題ライトプラン」が月額2,000円。

従来より提供されている料金プランに月額300円を上乗せされる形で提供されます。

新料金プラン
新しい2年契約プラン
従来のプラン
通話し放題プラン3,000円2,700円
通話し放題プラン(ケータイ)2,500円2,200円
通話し放題ライトプラン2,000円1,700円

7,200円以上を支払って契約解除料を0円にする新料金プラン

従来のプランは、月額料金が300円安く、更新月に解約すれば、9,500円の契約解除料も支払わずに解約することができましたが、新料金プランは、最低でも月額300円×24ヶ月=7,200円を支払う必要があります。

通信速度や、データ通信量は従来のプランと変わらず、3年目以降の契約解除料を0円にするためだけに、7,200円以上の料金を支払うメリットがあるかは微妙なところです。

2年間は従来のプランも新料金プランもサービス内容が変わらないのであれば、契約解除料がなくなる3年目以降から月額料金を上げないと、利用者は納得しない気もしますがどうでしょうか。

コメント

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています