ソフトバンク、iPhoneの月月割を限定増額。今後は実質1万円が主流に?

bio
Yusuke Sakakura

ソフトバンク、iPhoneの月月割を限定増額。今後は実質1万円が主流に?

ソフトバンクが、のりかえ時の月月割を4月25日まで増額しています。対象機種はiPhone 6 / 6sで、実質支払額が月額450円〜1,530円となっています。

値下げセールは終了しました

携帯総合研究所のTwitterアカウントをフォロー、Facebookページにいいね、RSSリーダーに登録すると、セール情報をいち早く受け取ることができます。

Twitterでセール情報を受け取る

Facebookでセール情報を受け取る

実質0円廃止、今度は実質10,800円が主流に?

ソフトバンクは、3月に発売した「iPhone SE」の価格が実質0円以下になるのりかえ割の増額キャンペーンを提供していましたが、総務省から割引額のすみやかな適正化と、その結果を書面で報告するといった厳しい指導を受けてキャンペーンを早期終了。現在は実質10,800円から販売しています。

これで落ち着くかと思われましたが、今度は、月月割を増額するキャンペーンの提供を開始。iPhone 6 / 6sが、iPhone SEと同じ実質10,800円で購入できるようになっています。

実質0円の廃止後、実質いくらなら適正なのかは不透明な状態で、ソフトバンクと同様にドコモも総務省の指導を受け、auも口頭注意を受けるなど、各社は最低額を探っているような状態です。

ソフトバンクは月月割を期間限定で増額する形で総務省の出方を見ているのでしょうか。もし、総務省から指導がなければ、月月割を正式に増額して26日以降も実質10,800円で購入できるかもしれません。

月月割の増額は4月25日までの期間限定

月月割の増額は、4月25日までの期間限定で実施されています。

対象となる契約形態はMNPのみで、対象機種は、iPhone 6 / 6 Plusの64GB・128GBモデルと、iPhone 6s / iPhone 6s Plusの16GB〜128GB。

iPhone 6s / iPhone 6s Plus

iPhone 6siPhone 6s Plus
16GB64GB128GB 16GB64GB128GB
端末価格 93,600円106,560円119,520円 106,560円119,520円 132,480円
月月割 -77,520円 -77,760円
増額分 -5,280円 -18,240円 -18,240円 -5,040円 -18,000円 -18,000円
実質支払額
(月額)
10,800円
(450円)
10,800円
(450円)
23,760円
(990円)
23,760円
(990円)
23,760円
(990円)
36,720円
(1,530円)

iPhone 6 / iPhone 6 Plus

iPhone 6iPhone 6 Plus
16GB64GB128GB 16GB64GB128GB
端末価格 72,000円84,960円97,920円 84,960円97,920円110,880円
月月割 -61,200円 -72,000円-72,120円
増額分 -0円-12,960円-12,960円 -0円-12,960円-12,840円
実質支払額
(月額)
10,800円
(450円)
10,800円
(450円)
23,760円
(990円)
12,960円
(540円)
12,960円
(540円)
25,920円
(535円)


関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています